【比較】『スターリンク バトル・フォー・アトラス』Nintendo Switch版の特徴や他機種版との違い、『スターフォックス』コンテンツが独占収録


 

フランスの Ubisoft から完全新作『STARLINK: Battle for Atlas』(スターリンク バトル・フォー・アトラス)が登場。地球より431光年も離れたアトラス星系を舞台にした宇宙で繰り広げられる、壮大なオープンワールド・シューティングゲームです。

『スターリンク バトル・フォー・アトラス』は任天堂の家庭用ゲーム機 Nintendo Switch を含む、多くの現行プラットフォームや PC に対応。スイッチ版は任天堂とのコラボレーションコンテンツも収録されるなどの特徴を備えていますが、その他、他機種バージョンとどのような違いがあるでしょうか。

『スターリンク バトル・フォー・アトラス』とは

『STARLINK: Battle for Atlas』(スターリンク バトル・フォー・アトラス)は、フランスのUbisoftが手がける、オープンワールドの3Dアクションシューティング×アドベンチャーゲームです。

メイン開発は『スプリンターセル ブラックリスト』『Far Cry 5』の Ubisoft トロントが担当。Nintendo Switch 版の開発には『L.A.ノワール』や『Dark Souls: Remastered.』のスイッチ移植を担当した Virtuos も協力しています。

プレイヤーは宇宙調査団「スターリンク・イニシアティブ」の一員となってスターシップに乗り込み、未知の世界が広がるアトラス星系の7つの惑星を探索。宇宙征服を目論む「レギオン」に立ち向かいます。

冒険の舞台は「アトラス星系」

『スターリンク バトル・フォー・アトラス』の冒険の舞台となるのは、人類未踏の宙域「アトラス」。不毛の荒野が広がる“キライト”や死の楽園“ヘイブン”、崩壊の惑星“ネクロム”、氷の惑星“ツンドリア”、穏やかなユートピア“ソナトゥス”、細菌のジャングル“ヴァイラス”、火山の地“アシャール”といった、個性豊かな 7 つの惑星を旅することが可能です。

これら星系は巨大なオープンワールドになっていることも特徴で、プレイヤーは好きなように惑星探索を楽しむことができます。オープンワールドのゲームということで、メインミッションを進めるだけでなく、サイドミッションも豊富に用意されています。

惑星では敵の機体とのバトルだけでなく、その惑星独自の生態系を調査したり、入手した素材で機体やウェポンを改良したり。パイロットのアビリティをアンロックしたりなどRPG的なカスタマイズ要素も搭載。

フィギュアとゲームが連動するスターリンクシステム

『スターリンク バトル・フォー・アトラス』は、「Toys-to-Life」(関連トイとゲームとの連動)要素が盛り込まれているのも特徴です。

フィギュアとゲームがリンクする「スターリンクシステム」というシステムがあり、スターシップフィギュアのパーツやパイロットを組み替えるとリアルタイムにゲームに反映されます。敵に備えて機体をガチャガチャとカスタマイズするのがなかなか楽しい。

なおフィギュアなしも遊べるのでデジタル版でも問題ありません(その場合は有料 DLC として購入し要素をアンロックしていきます)。

Nintendo Switch版最大の特徴:『スターフォックス』コンテンツ

Nintendo Switch版『スターリンク バトル・フォー・アトラス』の最大の特徴は、任天堂の『スターフォックス』とのコラボレーション。

『スターフォックス』シリーズの主人公である「フォックス・マクラウド」がゲストパイロットとして参戦し、愛機である超高性能全領域戦闘機「アーウィン」に乗り込み、アトラス星系を縦横無尽に飛び回ります。

レーザー砲やローリングシールドといったアーウィンの特徴も再現されています。スイッチ版はアーウィンのフィギュアも。

単に『スターフォックス』からキャラクターが登場するだけでなく、スイッチ版『スターリンク バトル・フォー・アトラス』には、彼ら用の限定クエスト・ミッションがしっかりと用意されています。ライバルのスターウルフも登場。『スターフォックス』新作とまでは言い過ぎですが、新たなエピソードの1つとして楽しめるコンテンツです。

フォックス以外のキャラクターも参戦

さらに、2019年5月に配信された Crimson Moon アップデートの1つとして、他のスターフォックスキャラクター(ファルコ、ペピー、スリッピー)やミッションが追加。『スターフォックス』コンテンツが一層充実しました(※有料DLC「パイロットパック:スターフォックスチーム」の購入が必要)。

『スターリンク』の中で、さらに『スターフォックス』を楽しめます。

Nintendo Switch では今のところ『スターフォックス』シリーズの新作は発表もされていないため、『スターリンク バトル・フォー・アトラス』はシューティングゲームとして『スターフォックス』を遊べる唯一の体験となっています。

他機種版とのパフォーマンスの違い

Nintendo Switch版独自コンテンツとして『スターフォックス』コンテンツが収録される『スターリンク バトル・フォー・アトラス』ですが、性能の異なる機種とのマルチプラットフォーム展開となるオープンワールドのゲームを、Nintendo Switch で存分に楽しむことはできるのでしょうか。

スイッチと比較して高性能な PS4 / Xbox One / PC 版は 4K 画質に対応。対応テレビ・モニターに表示するとそれぞれの惑星の個性が一層際立ち、さらに美しい描写で『スターリンク』の世界観に入り込むことができます。

ニンテンドースイッチ版とPS4版のグラフィック比較

一方のスイッチ版。マシンパワーが他機種と比べ見劣りする分、映像美という面では同一にはなりません。ただスイッチでも十分に美しい画面でゲームプレイを楽しむことができます。それに『スターフォックス』コンテンツの存在が圧倒的。スターフォックスキャラクターに愛着があるのなら断然こちらです。

またスイッチ版はTVモード、テーブルモード、携帯モードすべてに対応しています。そのため、テレビの前に縛られることなく、様々なプレイスタイルでゲームを楽しむことができます。


この記事をシェアする

Next

Previous