ポケットモンスターとカワダの 世界最小級ブロック「nanoblock」コラボラインの2019年1月発売新作として、幻のポケモン「ミュウ」やイーブイの進化系「エーフィ」「ブラッキー」が登場しました。価格は各950円+税。

ピカチュウやイーブイ、初代御三家(ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネ)など、人気のポケモンたちがナノブロック化してきたポケナノシリーズの新作として、幻のポケモン「ミュウ」やイーブイの進化系「エーフィ」「ブラッキー」が登場しました。ミュウは特徴である長い尻尾や、ふわふわと浮いている様子も透明ブロックで再現。

今後も続々

ファイヤー・サンダー・フリーザー

4月には『ポケットモンスター』第1世代に登場する、伝説のポケモン三体「ファイヤー」「サンダー」「フリーザー」が登場予定。三鳥がナノブロックでも揃います。

モクロー・アシマリ・ニャビー・キテルグマ・ミミッキュ

さらに、品番が50番台となる6月予定の新作では、第7世代の御三家「モクロー」「アシマリ」「ニャビー」「キテルグマ」「ミミッキュ」がラインナップに加わります。「モクロー」「アシマリ」「ニャビー」に関しては2017年にポケモンセンター限定商品として発売。2019年6月より一般発売となるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で