任天堂アメリカは2018年のホリデー商戦向け商品として、ニンテンドー2DSに『スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS』を同梱した「Nintendo 2DS Super Mario Maker Edition」を発売します。発売はブラックフライデー当日の11月23日で価格は79.99ドル。

このバンドルセットは、イエロー×レッドのマリオメーカーな配色のニンテンドー2DSに『スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS』があらかじめインストールされた特別モデル。

本体左下にはジャンプポーズのドットマリオが描かれています。元々おもちゃっぽい可愛いデザインの2DSですが、このモデルのカラーリングによってそのかわいさがさらに強調。

『スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS』は、Wii Uで2015年に発売されたオリジナル版をベースに、3DS向けに調整し直した、2Dマリオのコースを作って遊べるソフト。『amiibo』や「キャラマリオ」に対応していなかったり、ネットワーク機能に制限はありますが、自由なコースづくりや作成したコースで遊べる面白さはそのまま。

3DS版ならではの機能として、ヤマムラとましこがパーツの性能やコースづくりの役に立つノウハウを教えてくれる「ヤマムラレッスン」が搭載されていたり、やりこみ要素のある100コースをあそぶことができる「スーパーマリオチャレンジ」に挑戦したりすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で