2017年7月のPlayStation 4/ニンテンドー3DS版に続いて、2019年秋、Nintendo Switchでも『ドラゴンクエスト11』を遊べるようになります。

スイッチ版の名称は『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』。スイッチだけの独自の要素を備えた、いわゆる完全版のような収録内容となっています。

このページでは、Nintendo Switch版“S”の、PS4版・3DS版との違いについてまとめています。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』とは

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(ドラクエ11、DQ11、DQXI)は、スクウェア・エニックスから2017年7月29日にPlayStaton 4 / ニンテンドー3DSで発売された、人気RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』の第11作目となるナンバリング本編。オフラインのドラクエ本編シリーズとしては初めてマルチプラットフォームが採用されました。

初代『ドラゴンクエスト』のロゴデザインを反転して採用するなどドラクエ30周年の思いも込められており、原点回帰が1つのテーマに。ゲーム内には長い間ドラクエシリーズを遊んできたファンには嬉しいサービスも散りばめられています。

命の大樹によって生み出された世界ロトゼタシアを舞台に、勇者たちの冒険がはじまります。

そして2019年秋、Nintendo Switchで『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』が発売予定。

Switch / PS4 / 3DS版の主な仕様

Nintendo Switch / PS4 / 3DS版の主な仕様は次の通りです(スイッチ版は判明分)。スイッチ版はPS4版と3DS版のいいとこどりに加えて、“S” な新要素が追加されます。

 SwitchPS43DS
【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
【3DS】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
発売日2019年秋2017年7月29日2017年7月29日
価格8,980円+税5,980円+税
3Dモード
(リアル)

(仲間も表示)
3Dモード
(デフォルメ)
2Dモード
(ドット絵)
時渡りの迷宮
(すれちがい通信)
フリー移動バトル
オートカメラバトル
ボウガンアドベンチャー
マジックスロット
新ストーリー
オーケストラ音源
キャラクターボイス

スイッチ版の“S”なポイント

Nintendo Switch版は『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』という“S”がついたタイトルに決定しました。スイッチだからSが付いたのももちろんあるでしょうけれど、スイッチ版は様々な新要素が加わった完全版のような内容となっています。

スイッチ版はPS4版のようなリアルな3Dモードと、3DS版のドット絵2Dモードとを切替可能(画面の切り替えは教会で行います)。3Dモードの冒険フィールドでも仲間が表示され、共に行動することができるようになりました。

サウンド面も強化。戦闘時にキャラクターボイスが入るようになったり、BGMにはオーケストラ音源が採用されています。これまでのシンセサイザー音楽も収録されていて、好みで設定できます。

キャラクターボイス 主要キャラクターキャスト

主人公:斎賀みつき(息づかい)※オン/オフ切替可能
ベロニカ:内田真礼
セーニャ:雨宮天
カミュ:内山昂輝
シルビア:小野坂昌也
マルティナ:小清水亜美
ロウ:麦人

新ストーリー

さらに“S”の目玉として、各キャラクターが主人公となって、これまで描かれていなかった真実が明らかになる「新たなストーリー」が追加。キャラクターたちの背景がより掘り下げられ、『ドラクエ11』をより深く楽しむことができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で