NPDはNintendo Switchがホリデー商戦&年間売上を制すると予想、『RDR2』が9年連続年間1位の『CoD』を止めるとも

2018年はこれまでのところ、PlayStation 4 が据置型ゲーム機の売上トップ(販売台数、販売金額の両面で)となっている北米市場。発売開始から5年目に入っても今世代王者の勢いが続いていますが、調査会社NPDはこのリードが年間を通して続くとは考えていないようです。

NPDグループのアナリスト Mat Piscatell 氏が今年のホリデー商戦と年間販売の見通しを発表。ポジティブな要素も多い今年の市場予測はいつになく難しいとしながら、Nintendo Switch がQ4 (10-12月) を制し、また年間でも PS4 を上回りベストセラーのコンソールになると考えているようです。

NPD予測:北米市場で今年のホリデー商戦&年間売上を制するのはNintendo Switch

Nintendo Switch の売上を牽引すると見られているのは、11月の『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』と12月の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。2か月連続で発売される大型タイトルによって Nintendo Switch が大きく伸びて Q4 で最も売れるハードとなり、また年間ベストセラーに押し上げることにもなるだろうとしています。

Piscatell 氏はまた、Xboxプラットフォームの復調を指摘。足下の Xbox One の勢いは、2010年のXbox 360以来の年間売上成長率を示しているといいます。PSと合算した発売開始からの普及ペースは、この年末までに、PS2/Xboxと比べて6%のプラス、PS3/Xbox 360と比べたときには少なくとも30%は拡大していそうだとのこと。

3ハードがいずれも年間400万台以上との予測

つまるところ、現行の3ハード(PS4/Xbox One/Switch)ともに好調なホリデー商戦を過ごせそう。 Piscatell 氏は3ハードはいずれも年間400万台以上を販売しそうだと見ています。携帯型ゲーム機などを加えた北米ハードウェア市場全体の販売台数は1750万台を上回ると見られていて、達成すれば2012年以来最高の販売台数となります。また好調なハード販売や『Fortnite』などの人気ソフトに引っ張られるかたちで、ヘッドセットやプリペイドカード、コントローラが伸びている周辺機器市場の盛り上がりも期待されています。

ソフトウェア販売も回復

ソフトウェアの方では、2017年と比較してパッケージ版の発売タイトル数が15%増加。年間では400タイトル以上が発売される見通し。売上は少なくとも8%は昨年を上回ると考えられています。またデジタ(ゲーム本編)の売上も伸び続け、昨年と比べて二桁の成長を見せるとみられています。

複数のビッグタイトルが秋から冬にかけて発売される2018年の年間販売ランキングは予想が難しくなりそうですが、Piscatell 氏は『Red Dead Redemption 2』が『Call of Duty: Black Ops 4』を抑えて1位に来るだろうと予想。

3位『Battlefield V』、4位『NBA 2K19』、5位『Far Cry 5』と続きます。上位4タイトルは今年これまでのベストセラーである『Far Cry 5』を上回ると見られています(販売金額ランキング)。

米国の年間ランキングでは、『Call of Duty』が9年連続で1位を獲得中。今年は10年連続に挑むということになりますが『Red Dead Redemption 2』はその大記録を止めることができるでしょうか。

スイッチの牽引役として期待されている『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』と12月の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』はトップ10には入っていません。いつもの集計方法になるのならば『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』は個別に集計されるので低くなる傾向にはありますけれど。

参考までに、2014年に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』は北米で、3DS版が年末までに200万本以上を販売。Wii U 版は最初の3日間で49万本を販売して Wii U 史上最速販売のソフトとなったほか、年末までに130万本を販売しました。

2018年年間ランキング(NPD 予想)

※販売金額

  1. (–) Red Dead Redemption 2
  2. (–) Call of Duty: Black Ops 4**
  3. (–) Battlefield V**
  4. (–) NBA 2K19
  5. (1) Far Cry 5
  6. (–) Madden NFL 19
  7. (–) Fallout 76*
  8. (2) God of War
  9. (3) モンスターハンター:ワールド
  10. (–) Marvel’s Spider-Man

*デジタル販売を含まず
**PCデジタル販売を含まず
カッコ内は2018年5月までの年間順位

share

Amazon セール・キャンペーン

プライムデー(10/13・14)

年に一度のビッグセール、プライムデーが今年は10月13・14日の2日間にわたって開催。タイムセールで目玉商品が続々登場するのはもちろんのこと、最大5,000ポイント還元のポイントアップキャンペーンや日本の中小企業応援企画、スタンプを集めて最大20,000ポイントが抽選で当たるプライムデースタンプラリーなども実施されます。

いくつかのキャンペーンは、プライムデーに先行してスタート。

Amazon Prime Day(プライムデー)2020 | 年に一度のプライム会員大感謝祭

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

プライムデーに先駆けて、「Amazonブランド・限定ブランド 先行セール」がはじまっています。家電、日用品、ファッション小物ほか対象商品が20%オフなど。プライムデー開催期間中は最大30%オフに。

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員ならプライムデーキャンペーンで最大3%がポイント還元。

今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】プライム会員なら初回登録時、最初の3か月を99円(約97%OFF)で利用できます。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、6,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】今なら新規会員登録で初回4か月間が99円。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック