ニンテンドースイッチ版『テラリア』の直撮り映像が初公開、担当デベロッパーいわく「開発は初期段階」

Re-Logic の人気2Dサンドボックスゲーム『Terraria (テラリア)』。2017年2月にニンテンドースイッチへの対応が発表された初期タイトルの1つでありながら、開発が続いていることが報告された以外は多くが語られない状況が続いていますが、スイッチ版を担当する Pipeworks Studio から遂に、開発中のスイッチ版の映像が、直撮り映像ながら初めて公開されました。

開発が続くスイッチ版テラリアが初公開

Pipeworks Studio がツイッターで公開した映像は10秒ほどのわずかな時間ですが、ニンテンドースイッチ上で動作している『テラリア』を確認することができます。同デベロッパーのツイートによると、スイッチ版の開発はまだ初期段階にあり、特にUIや操作性の部分でまだまだ多くの作業を残しているとのこと。映像ではスイッチに付箋が貼られていますが、それにも「開発中!」であるとか「発売日未定!」といった走り書きが見えます。

メイキングとしてもう1枚の画像がアップ。テーブルモードにも対応しそうです。

発表から1年以上をかけてようやく映像が初公開となったスイッチ版『テラリア』ですが、現在の進捗状況はまだ開発初期段階であるとの意外な報告。発売日の決定報告まではまだ時間がかかりそうですですけれど、しかし彼らが実際にスイッチ版に取り組んでいることは確認でいました。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。