カプコンは21日、『バイオハザード7 レジデント イービル』をクラウドゲームとして Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) で発売すると発表しました。配信開始は2018年5月24日10時より。ソフトのダウンロードは無料で、180日券が2000円で販売されます。最初の15分間は体験版として無料プレイ可能です。

スイッチ対応は難しいと思われた『バイオ7』ですが、クラウドゲームとしてリリースされます。

バイオ7がクラウドゲームとなってニンテンドースイッチに対応

一人称視点で圧倒的な恐怖を描く『バイオハザード7 レジデント イービル』が、ニンテンドースイッチに対応。スイッチ版は3DS版『ドラゴンクエストX』のようにクラウドゲームとして配信されるので、大容量のゲームデータをダウンロードすることなく、安定したインターネット回線とスイッチ本体があれば、どこでもプレイすることができます。言い換えると、ゲームを遊ぶためには常時安定したインターネット接続環境が必要になります。

収録されているコンテンツは、ゲーム本編に加えてクリス・レッドフィールドの活躍を描いたエピソード「Not A Hero」やエピローグとなる追加エピソード「End of Zoe」など全ての追加コンテンツ。表現は「グロテスク バージョン」準拠となっています。

さらにスイッチ版では、従来操作に加えて Joy-Con の直感的な操作方法にも対応しています。

スイッチ版バイオ7 クラウドバージョンを遊ぶ方法

必要なもの

  • Nintendo Switch 本体
  • ネットワーク環境
    • 常時安定したインターネット接続環境 (推奨環境:Wi-Fi 802.11ac 5GHzもしくは有線LANアダプター)
  • 18歳以上のニンテンドーアカウント
  • 専用アプリ(ニンテンドーeショップからダウンロード)
    • 必要な容量:42MB
    • 18歳未満の方にはアプリが表示されません

プレイまでの流れ

  1. 5月24日10時以降、ニンテンドーeショップにて『BIOHAZARD 7 resident evil cloud version』をダウンロード(無料)。
  2. ソフトを起動し、「ポータルへ進む」→「体験版をプレイ」を選択するとゲームが開始。
  3. 最大15分間無料体験が可能。
  4. 15分経過すると、「利用券」の購入案内が表示。
  5. ニンテンドーeショップで「180日利用券」(2000円 :税込)を購入。
  6. 引き続き製品版をプレイ可能。

BIOHAZARD 7 resident evil cloud version 商品情報

配信開始日時:2018年5月24日10時
対応ハード:Nintendo Switch
価格:2,000円(税込)/180日プレイ券
メーカー:カプコン
ジャンル:アクション / アドベンチャー / シューティング
必要な容量:約45.0MB
接続環境:常時安定したインターネット接続環境(推奨環境:Wi-Fi 802.11ac 5GHzもしくは有線LANアダプター)
対応コントローラー:Nintendo Switch Proコントローラー
プレイモード:TVモード / テーブルモード / 携帯モード
プレイ人数:1人
対応言語:日本語

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で