NPDグループから、2018年1月の米ゲーム小売市場規模レポートが到着。『モンスターハンター:ワールド』がアメリカにおいてもシリーズ最高の立ち上がりを見せたこともあり、前年1月と比較して6割増。10億ドルを上回る市場規模となりました。

NPD:2018年1月の米ゲーム小売市場規模

ソフトウェア:モンハンワールドが市場拡大に貢献

ソフトウェア市場は前年同月比51%増の5億1700万ドルを販売。月間1位はカプコンの『モンスターハンター:ワールド』でした。

月間総合トップ20

  1. モンスターハンター:ワールド
  2. ドラゴンボール ファイターズ
  3. Call of Duty: WWII
  4. PlayerUnknown’s Battlegrounds*
  5. Grand Theft Auto V
  6. NBA 2K18
  7. スーパーマリオ オデッセイ**
  8. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド**
  9. マリオカート8 デラックス**
  10. Madden NFL 18
  11. Star Wars: Battlefront II*
  12. Assassin’s Creed: Origins
  13. UFC 3
  14. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  15. FIFA 18*
  16. ドラゴンボールゼノバース
  17. The Sims 4*
  18. スプラトゥーン2**
  19. ディシディア ファイナルファンタジー エヌティーNT
  20. Need for Speed: Payback*

* PC のデジタル販売を含まず
** デジタル販売を含まず

『モンスターハンター:ワールド』は1月26日発売で集計期間が短かったものの、見事に月間1位を獲得。「『モンスターハンター:ワールド』はアメリカ国内において、『モンスターハンター』フランチャイズ史上最高の初月売上を見せました」と NPD アナリストのMat Piscatella氏はコメントしています。

『モンハンワールド』のヒットにより、カプコンは今月のパブリッシャーランキング1位に立ちました。

日本勢では『ドラゴンボール ファイターズ』も好調でした。『モンハンワールド』には届かなかったものの月間2位を獲得。2002年に PS2 / GC で発売された『ドラゴンボールZ』以来、最高の立ち上がりとなりました。『ドラゴンボール』ゲームとしてはまた、『ドラゴンボール ゼノバース』も16位に入っています。

12月の7位から4位に浮上した『PlayerUnknown’s Battlegrounds』も1月に好調なタイトルの1つでした。報告によれば、Xbox One 向けに発売された同タイトルは、発売から1か月ですでに累計300万本を超えるヒットを記録しています。

Xbox One チャート

  1. モンスターハンター:ワールド
  2. PlayerUnknown’s Battlegrounds
  3. Call of Duty: WWII
  4. ドラゴンボール ファイターズ
  5. Grand Theft Auto V
  6. Star Wars: Battlefront II
  7. NBA 2K18
  8. Madden NFL 18
  9. Assassin’s Creed: Origins
  10. UFC 3

PlayStation 4

  1. モンスターハンター:ワールド
  2. ドラゴンボール ファイターズ
  3. Call of Duty: WWII
  4. Grand Theft Auto V
  5. NBA 2K18
  6. Madden NFL 18
  7. ディシディア ファイナルファンタジー エヌティーNT
  8. Star Wars: Battlefront II
  9. UFC 3
  10. FIFA 18

Nintendo Switch**

  1. スーパーマリオ オデッセイ
  2. マリオカート8 デラックス
  3. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  4. スプラトゥーン2
  5. ポッ拳 Pokken Tournament DX
  6. Elder Scrolls V: Skyrim
  7. ゼノブレイド2
  8. ARMS
  9. マリオ+ラビッツ キングダムバトル
  10. Doom 2016

Nintendo 3DS**

  1. ポケットモンスターウルトラサン
  2. ポケットモンスター ウルトラムーン
  3. マリオカート7
  4. マリオパーティ100 ミニゲームコレクション
  5. Minecraft
  6. スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS
  7. 大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
  8. マリオ&ルイージRPG1 DX
  9. New スーパーマリオブラザーズ 2
  10. カービィ バトルデラックス!

過去12ヶ月間の売れ筋ソフト

  1. Call of Duty: WWII
  2. NBA 2K18
  3. Destiny 2*
  4. Madden NFL 18
  5. ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド**
  6. Grand Theft Auto V
  7. Star Wars: Battlefront II*
  8. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  9. スーパーマリオ オデッセイ**
  10. マリオカート8 デラックス**

ハードウェア・周辺機器:3ハードとも好調、3DSもまだまだ健在

ハードウェア市場の売上高は119%増の2億7800万ドル。1月としては2011年以降で初めて単月100万台を突破。月間1位となった Nintendo Switch をはじめ、金額面では1位の PlayStation 4、Xbox One もまた好調でした。

「PlayStation 4 と Nintendo Switch、そして Xbox One のいずれも1月は好調に推移しました」と Piscatella 氏。金額面ではわずか3%差の中に、1位から3位までが接近しています。ニンテンドースイッチが月間販売1位となった一方で、ベテランの携帯機ニンテンドー3DSも好調でした。2018年1月は2013年以降で最も好調な月となりました。

ハード・ソフトの好調さに引っ張られ、周辺機器・アクセサリー市場も伸びを示しました。売上高は37%増の3億100万ドルで、中でもヘッドセットが好調で、Turtle Beach がベストセラーした。

2018年1月の米ゲーム小売市場規模

  • ハードウェア:2億7800万ドル(+119%)
  • ソフトウェア(PC込):5億1700万ドル(+51%)
  • 周辺機器・アクセサリー:3億100万ドル(+37%)
  • 全体:10億9600万ドル(+59%)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で