auの電子書籍サービス「ブックパス」にて、8月1日より一部のユーザーの環境で、セーフサーチ設定が変更できない不具合が発生しています。

セーフサーチ機能について

セーフサーチ機能は、一部電子書籍コンテンツの表示や購入を制限する機能。オンにすることで不適切なコンテンツが非表示となり、購入が制限されます。なお、18歳未満のユーザー(au IDに紐づくau携帯電話利用契約の契約者、Wow!IDの登録年齢が18歳未満の場合、またはプリペイド契約の場合など)は設定を切り替えることはできません。

また月々のau携帯電話利用料金の支払いが確認できない場合(支払いが遅れている場合)も、セーフサーチをオフにすることはにできません。新規契約のユーザー、あるいは他社からの乗り換えの場合は、手続日の翌日以降に切り替えが可能になります。

ブックパス、一部のユーザーでセーフサーチ設定が変更できない不具合

auの電子書籍サービス「ブックパス」にて、一部のユーザーの環境で、セーフサーチ設定が変更できない不具合が発生しています。公式によると、この不具合は8月1日より発生中。

不具合が発生しているユーザーは、auスマートフォン・携帯電話に紐づかないauIDを利用している方。例えば、auひかりご契約のauIDで、ブックパスにログインしている場合。

不具合の内容

セーフサーチ設定がONのままとなり、OFFに切り替えができない

対策について

一部のユーザーの環境では、セーフサーチ設定がオンになったまま、オフに切り替えできない不具合が続いています。au公式では対応を進めており、「8月7日頃」の復旧が予定されています。復旧までもうしばらく待ってほしいと案内されています。

ブックパスについて

ブックパス」はスマートフォンやタブレット、PCなどの端末から利用できる au 公式の電子書籍サービス。40万冊以上のラインナップから好みの電子書籍を購入できるほか、月額562円(税抜)の「読み放題プラン」ではコミックや小説、写真集、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍5万冊以上を読むことができます。雑誌は300誌以上が対象とかなり充実。雑誌によって期間に差はありますが、バックナンバーも読むことができます。

以前はauユーザー限定サービスだった「ブックパス」ですが、この7月より、au以外のユーザーも利用できるようになりました。

au以外でも利用可能、ブックパスを初回30日間無料でお試し

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で