コナミの2014年3月期第2四半期業績、ゲーム関連が苦戦。サッカーゲームは前年同期比マイナス111万本

コナミから7日、2014年3月期の第2四半期業績が発表されました。家庭用ゲームを含むデジタルエンタテインメント事業が前年同期比15.3%減と苦戦し、売上高は979億2,800万円(前年同期比-8.2%)、営業利益は37億7,100万円(同-70.0%)、純利益は20億1,600万円(同-71.0%)でした。


売上高の内訳は、デジタルエンタテインメント事業が446億2,000万円(前年同期比-15.3%)、健康サービス事業が385億8,300万円(同-4.3%)、カジノ事業は136億2,300万円(同+19.6%)、遊技機事業h14億4,500万円(同-45.3%)でした。

以前は良作ソフトを豊富に取り揃えるメーカーだったコナミは近年、家庭用ゲーム機向けソフトで目立たなくなりつつあります。そんな最近の存在感を反映するかのように、デジタルエンタテインメント事業は遂に500億円を割り込んでしまいました。

PS3を中心として、PS2、PSP、PS Vita向けを合わせて7割を占めるコナミの家庭用ゲーム販売。ますますその傾向が強まっています。2013年4-9月の地域別販売本数は、日本が99万本(前年同期比-35万本)、アメリカが149万本(同-80万本)、ヨーロッパが178万本(同-74万本)、アジアが10万本(同-3万本)、合計436万本(同-192万本)でした。

ジャンル別ではサッカーゲームが前年同期比-111万本で大幅に減少し257万本。今年もQ2時期に『ウイイレ』最新作が発売されていますが、減少傾向が続いています。プラットフォームを絞った事も影響がありそうです。野球ゲームは『パワプロ』シリーズの発売がQ3となったため14万本に減少しました(-25万本)。

メタルギアは53万本(前年同期比-19万本)、その他は113万本(同-36万本)でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。