スクウェア・エニックスは、欧州子会社のSquare Enix Ltd.を通じてUKのデベロッパーBulkhead Interactiveに出資を行い、新規タイトル制作で協力すると発表しました。

スクエニはBulkhead Interactiveの株式20%を保有する株主となります。

Square Enix Collective と Bulkhead は『Battalion 1944』での協力を続け、2019年初頭のフルローンチを目指します。また、Bulkhead はスクエニの新規IP開発を開始します。詳細は後日発表予定。

Bulkhead Interactiveとスクウェア・エニックスはこれまでに2つのゲームタイトルで協力。2016年には『The Turing Test』を発売し、2018年2月にはSteamで『Battalion 1944』のアーリーアクセスを開始しています。今後両社はいっそう関係を深め、新規IPの創出を目指します。

Bulkhead Interactiveのチームとのパートナーシップを深めるため、こうしてステップを踏み出せることを非常に嬉しく思います」と、スクエニのインディー・パブリッシング・ディレクターであり、Collectiveプログラムの代表を務めるPhil Elliott氏はコメント。「最初のミーティングが行われた2015年の段階から、この開発チームは大きなポテンシャルを秘めていると思っていましたし、これから先の飛躍を楽しみにしています」

SQUARE ENIX COLLECTIVE とは

SQUARE ENIX COLLECTIVE (スクウェア・エニックス コレクティブ) は、インディーゲーム開発者支援を目的として立ち上げられた、スクウェア・エニックス・グループの英国拠点である Square Enix Ltd. が展開するプロジェクト。

ゲーム開発者から募ったゲーム企画を SQUARE ENIX COLLECTIVE のウェブサイト上で公開し、コミュニティからフィードバックを収集。

そのフィードバックに応じてスクウェア・エニックスからゲーム開発や商品化に向けたサポートが提供されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で