カプコン、コーエーテクモから提訴されていた審決取消訴訟に勝訴


 

カプコンは29日、コーエーテクモゲームスから提訴されていた特許を巡る裁判について、知的財産高等裁判所がコーエーテクモの訴えを退ける判決を下した(カプコンが勝訴した)と発表しました。

この裁判で争点となっていたのは「特許第3350773号」(今作のディスクROMがゲーム装置に装填されるとき、前作のディスクROMを装填した場合に、特典を開放するもの)、いわゆる「前作を持っていると、続編で特典が受け取れる」システムの特許に関するもの。

コーエーテクモは2015年4月17日、この特許の無効を求めて特許無効審判を請求。その後、2017年3月24日に特許庁にて本件特許を維持する旨の審決がなされていました。

この結果を受けてコーエーテクモは2017年5月10日、知的財産高等裁判所に審決取消訴訟を提起。それが今回棄却され、カプコンが勝訴したというものです。


この記事をシェアする

Next

Previous