セガのマスコットキャラクター『ソニック』の20周年を記念して発売された『ソニック ジェネレーションズ』。メガドライブ時代のクラシックなソニックと『ソニックアドベンチャー』以降のモダンソニックが共演をはたしステージ構成も2Dと3Dをミックスしたアニバーサリータイトルです。

製品版はPS3とXbox 360、そしてニンテンドー3DSで発売されていますが、企画当初はWiiやDSでの発売も検討されていたことが明らかになりました。

頓挫してしまったプロジェクト等のアーカイブ化を進めているUnseen 64が伝えた、Gamefest 2010当時にセガの担当者が明かしていたという情報によると、当初この企画はWiiやPS3、PSP、そしてニンテンドーDSで企画されていました。Xbox 360は開発初期の対応プラットフォームに含まれていませんでした。

しかしセガは開発の途中で対応ハードを大幅に変更。最終的に『ソニックジェネレーションズ』は据置機向けはPS3とXbox 360、携帯機向けは2011年に発売されたニンテンドー3DSに対応する形でリリースされました。

ソニック ジェネレーションズ 白の時空
ソニック ジェネレーションズ 白の時空/青の冒険
メーカー: セガ
開発: ソニックチーム(3DS版: ディンプス)
ジャンル: ハイスピードメモリアルアクション
発売日: 2011-12-01
プレイ人数: 1人(3D版S: 1-2人)
対応ハード: PS3, Xbox 360, ニンテンドー3DS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で