セガのレースゲーム『デイトナUSA』に完全新作『Daytona 3 Championship USA』が登場

セガグループのセガ・アミューズメント・インターナショナルは2日、90年代アーケードゲームの代表作であるレーシングゲーム『デイトナUSA』の完全新作を Twitter で発表しました。 1998年の『デイトナUSA2 BATTLE ON THE EDGE』以来の完全新作、『3』が登場します。

セガ、東京オリンピック公式ゲームの全世界販売権を独占取得

セガホールディングスは27日、国際オリンピック委員会(IOC)のライセンシーである International Sports Multimedia と、東京2020オリンピック競技大会(東京オリンピック)を題材にしたゲームソフトの開発・販売に関するライセンス契約を締結したと発表しました。 この契約により、セガは独占的に、家庭用ゲーム機(据置型ゲーム機)やハンドヘルド機(携帯型ゲーム機)、モバイル、

国産レザーブランド「OJAGA DESIGN」と『ソニック』等の SEGA コンテンツがコラボ、コインケースやストラップなど商品化

今年25周年のソニックをはじめとするセガコンテンツと、レザーブランド「OJAGA DESIGN (オジャガデザイン)」とのコラボが実現しました。ソニックのコインケースやキーカバー、メガドライブやセガサターンのコントローラストラップなどの商品が発売されます。

セガ、『Endless』シリーズの仏開発会社 Amplitude Studios の全株式を取得。PC分野を強化

セガホールディングスの子会社であるセガゲームスは5日、『Endless』シリーズで知られるフランスのデベロッパー Amplitude Studios SAS (本社:フランス パリ)の全株式を2016年7月1日付けで取得し、完全子会社化したと発表しました。

任天堂と関係を深めるセガの『ソニック』、そのはじまりはGC/GBA時代

任天堂の「マリオ」に対抗する形で生まれながら、最近ではライバル関係というよりも仲良く共演する機会が増えているセガのキャラクター「ソニック」。『マリオ&ソニック』シリーズや『大乱闘スマッシュブラザーズ』への参戦、『amiibo』を通じて対応する他ソフトでも見ることができるなど、両社の間で緊密な関係を築いています。

3DS『ソニックトゥーン ファイアー&アイス』は“スピード感”というシリーズのルーツを取り戻す

出足で躓いた感のある、アニメとのクロスオーバー『Sonic Boom(ソニックトゥーン)』シリーズですが、ニンテンドー3DS向けに発売予定の新作『Sonic Boom: Fire & Ice (ソニックトゥーン ファイアー&アイス)』で、セガとSanzaru Gamesは、前作の低評価を覆そうと懸命に取り組んでいます。 携帯機版の前作『Sonic Boom: Shattered Crys

セガ・飯塚隆氏、新作『ソニック』の監督として北米チームに合流。LAが新たな拠点に

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズのプロデューサー等で知られるセガの飯塚隆氏が、今後の新作を監督する立場として、北米チームに合流したことが明らかになりました。

セガ、今後の『ソニック』タイトルは過去作品により触発されたゲームに

作品ごとに評価の振れ幅が大きく、自身の3Dアクションのひな型を見つけたかと思えば、再び低迷期に入りかけているセガの『ソニック』シリーズ。アニメ版の世界観で制作された直近作の『Sonic Boom』は評価もセールスも芳しくありませんでした。 それでも、ソニックがセガにとって今も重要な看板キャラクターであることに変わりなく、上手くいけば再び熱狂的なソニックの登場を期待することができそうです。

『スプラトゥーン』×セガキャラクター、コラボ実現を期待したいファンメイドイメージ。ソニックやテイルス、『Jet Set Radio』のビート、ガム&ビス、初音ミクなど

ソフト発売前から予告されていた“大型アップデート”「Ver. 2.0.0」が8月6日に無事リリースされ、新たなギアやルールの追加、バランス調整などが行われたWii U『スプラトゥーン』。 『侵略!イカ娘』のイカ娘とのコラボギアもショッピングモールのブイヤベースで販売されていますが、より多くのキャラクター、たとえばセガのキャラクターとのコラボレーションが実現したら?そんな想いを持つファンの手によって