2015年のWii Uを象徴する存在となった、2つの任天堂タイトル『Splatoon(スプラトゥーン)』と『スーパーマリオメーカー』。日本国内では『スプラトゥーン』が年内にミリオンセラー、『スーパーマリオメーカー』は60万本を超えるヒットを記録していますが、アメリカでは両タイトルとも年内にミリオンセラーのマイルストーンに到達したようです。

任天堂アメリカがGamesBeatに明らかにした情報によれば、『スーパーマリオメーカー』が米国内で累計販売100万本を突破し、Wii Uソフトとして6番目のミリオンセラータイトルに名を連ねたとのこと。

その他の5タイトルは
マリオカート8
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』
スーパーマリオ 3Dワールド
New スーパーマリオブラザーズ U
『スプラトゥーン』

『スプラトゥーン』は日本が最も盛り上がっていましたが、シューター人気の高いアメリカでもミリオンを達成。じわじわきてます。

『スーパーマリオメーカー』は、初代スーパーマリオなど4つのスキンを使って、2Dマリオのコースを作成し、そのコースで遊び、そして世界中のプレイヤーと共有できるソフト。ユーザーの手によって膨大なコースが作成・シェアされているだけでなく、任天堂自身も「キャラマリオ」を伴うイベントコースの配信などを行い、ゲームを盛り上げています。

スーパーマリオメーカー
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: 作って、遊ぶ
発売日: 2015-09-10
プレイ人数: 1人
対応: amiibo、インターネット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で