ポケモンGO:新たに実装される「天気との連動機能」「バトルパーティ」など新機能の詳細

『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の舞台となっている「ホウエン地方」に生息するポケモンたち50匹以上が、新たに登場することが発表されている『Pokémon GO (ポケモンGO)』。同時に、新機能として現実の天気と連動し、ゲームに影響が及ぶことも発表されました。天気との連動機能によってどんなことが起こるのか。運営・開発元である Niantic のポケモンGO開発チームよりその詳細が解説され

『Pokémon GO Safari Zone in 鳥取砂丘』3日間の参加者数は約8.9万人、経済効果は約18億円。鳥取県が発表

鳥取県は2017年11月24日〜26日の3日間にわたって開催したモバイルゲームアプリ『ポケモンGO』のイベント『Pokémon GO Safari Zone in 鳥取砂丘』について、参加者数やそこから算出した経済効果を発表しました。

ポケモンGO:グローバルチャレンジの総ゲット数は33.6億匹、報酬の提供期間がちょっとだけ延長

26日まで実施されていた、『Pokémon GO (ポケモンGO)』のグローバルチャレンジイベント。世界中のトレーナーが協力し、20日からの7日間で30億匹のポケモンゲットを目指すという内容でした。 期間内に無事に目標を達成したイベントの最終的なゲット数が公式から発表され、トータルでは33.6億匹以上に上ったことが明らかになりました。

ポケモンGO:グローバルチャレンジが30億匹ゲットの目標達成、28日までガルーラ出現中

『 Pokémon GO (ポケモンGO)』内で実施されていた、7日間で30億匹のポケモンゲットを目指す「グローバルチャレンジ」イベント。ゲーム内で告知が無いなど周知不足から鈍い出足となりましたが、ポケモンが出現しやすくなるリワードの解禁とともにゲット数が加速し、無事に最終目標である30億匹(ゴールド)を達成。東アジア地域にガルーラが出現するなどのボーナスが発生しています。

ポケモンGO:「Pokémon GO PARK」に200万人以上が来場し1億2千万匹以上のポケモンをゲット

8月9日から15日にかけて横浜みなとみらいエリアで開催された「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」が7日間の日程を終了。イベントでは『Pokémon GO (ポケモンGO)』のリアルイベント「Pokémon GO PARK」も実施されていますが、イベントをサポートした『ポケモンGO』開発・運営元 Niantic から、1週間で200万人以上のトレーナーが集まり、1億2000万匹以上

ポケモンGO:ミュウツー、特別なレイドバトル「EXレイド」で出現

8月14日に横浜スタジアムにて行われた「Pokémon GO STADIUM」で、『Pokémon GO (ポケモンGO)』レイドバトルに姿を現した伝説のポケモン「ミュウツー」。特別な一戦となりました。ミュウツーは今後数週間内に新たに実装される「EXレイド」と呼ばれる特別なレイドバトルで、街のジムにも出現する予定。

ポケモンGO:リアルワールドイベント開催と伝説のポケモン登場で1日の売上が過去最高に

7月22日に初のリアルワールドイベント「Pokémon GO Fest シカゴ」が開催された『Pokémon GO (ポケモンGO)』。伝説のポケモンの解禁がアナウンスされたこのイベントによりゲーム内のショップ販売に火が付き、昨年のハロウィーンイベントを上回って、1日の売上としては過去最高を更新しました。

ポケモンGO:配信から1年の今、国内440万人以上がアクティブ、ゲームカテゴリ2位のプレイ人口

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズが、国内配信開始から1年となる『ポケモンGO』に関する調査を実施。リリース当初、社会現象となったモンスターアプリの今が見えてきました。

ポケモンGO:1人あたり課金額では日本が他国を圧倒、最大市場アメリカの3倍以上

配信開始から1年が経過した、『ポケットモンスター』のリアルワールドゲーム『Pokémon GO』。当初の世界的熱狂は落ち着いたものの、今年1月にはモバイルゲーム市場最速で世界売上の10億ドル突破が調査会社から報告されるなど、継続的に遊んでいるトレーナーのエンゲージメントは高い傾向にあるようです。 アプリ配信から1周年を迎えて SensorTower は新たな調査結果を報告。ポケモンのお膝元である日