ハクスラ系アクションRPG『Torchlight II』Nintendo Switch版の特徴や他機種との違い、国内版発売はある?

『Diablo』のアートディレクターを努めた Max Schaefer 氏らが設立した Runic Games。彼らが手掛け、2012年にPC向けに発売されたハック&スラッシュ系アクションRPG『Torchlight II (トーチライト2)』が、家庭用ゲーム機にも対応しました。 Nintendo Switch も対応プラットフォームに含まれ、2019年9月3日に発売(海外)。 価格は19.99ド

Switch版『DOOM』がVer.1.2にアップデート、パフォーマンス改善や動画撮影に対応

Bethesda Softworks と Panic Button は、Nintendo Switch 版『DOOM』の最新アップデート「Ver. 1.2」をリリースしました。発売から1年が経過したSwitch版『DOOM』ですが(国内では2018年3月1日に発売開始)、Bethesda と Panic Button は、同タイトルのさらなる改善を進めていました。

Nintendo Switch版『Warframe』が配信開始、基本プレイ無料の宇宙忍者アクション、プレイ人数や必要な容量

Digital Extremesから対応が発表されていた宇宙忍者アクション『Warframe (ウォーフレーム)』のNintendo Switch版の配信が世界的にはじまりました。

基本プレイ無料のマルチプレイTPS『Warframe』がNintendo Switchに対応、Panic Buttonが移植担当

任天堂アメリカと Digital Extremes は7日、基本プレイ無料(一部アイテム課金あり)のオンライン Sci-Fi シューター『Warframe』が、Nintendo Switch に対応すると発表しました。発売時期は未定。開発は『DOOM』や『Rocket League』、『Wolfenstein II: The New Colossus』のスイッチ移植を手がけた米デベロッパーPani

スイッチ版『DOOM』や『ロケットリーグ』を手がけた海外スタジオからさらなる移植タイトル、来月にも発表へ

『Doom』や『Rocket League』、『Wolfenstein II: The New Colossus』の Nintendo Switch 移植を担当した Panic Button Games は、さらなるスイッチ対応ソフトの発表を間近に控えています。