タグ: ACB 1ページ/2ページ

3DS『マリオ&ルイージRPG3 DX』が早くも豪州レーティングを通過、2019年発売予定の『マリルイ3』リメイク

3DS向けリメイク『ルイージマンション』の開発は『時オカ3D』『ムジュラ3D』などのグレッゾが担当

任天堂をパブリッシャーとする『EclairCity』なるタイトルが豪州レーティングに登録

カプコン、現行機種版『ロックマンX』はシリーズ8作品を2つに分けた『LEGACY COLLECTION (クラシックス コレクション)』として発売へ

ニンテンドースイッチ版『DARK SOULS REMASTERED』は中国の開発スタジオ Virtuos が担当

『ゼノブレイド2』、オーストラリアのレーティングは15歳以上推奨の「M」に。オンライン要素も含まれる

Nintendo Switch『スーパーマリオ オデッセイ』が豪州レーティング審査を通過。オンライン要素もあるみたい

3DS『Hey! ピクミン』の開発は『ヨッシー New アイランド』チーム

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の豪州レーティングは「M」、『スカウォ』や『トワプリ』と同じ

3DS『マリオスポーツ スーパースターズ』、開発にバンダイナムコスタジオも参加

WiiU『スターフォックス ゼロ』に何らかのオンライン機能、豪州レーティング登録情報にも記載

『PES 2016(ウイイレ2106)』に基本プレイ無料のF2P版か、“PRO EVOLUTION SOCCER 2016 FREE TO PLAY”が豪州レーティングを通過 **UPDATE

WiiU『マリオテニス ウルトラスマッシュ』が豪州レーティング審査を通過。オンライン要素有り

WiiU『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』、『マリオパーティ』のエヌディーキューブも開発に参加

VC配信に期待。GBA『スクリューブレイカー 轟振どりるれろ』が豪州レーティング審査を通過

『ポケモンスクランブル』関連作、『Pokemon Rumble World』が豪州レーティング審査を通過。オンライン対応

WiiU『Splatoon(スプラトゥーン)』が豪州レーティング審査を通過。5月に世界同時発売予定

WiiU『ヨッシーウールワールド』、何らかのオンライン要素有り。豪州レーティング審査を通過

WiiU『マリオパーティ10』が豪州レーティング審査を通過。発売近づく

WiiU『Devil’s Third(デビルズサード)』、豪州レーティング審査を「MA15+」で通過

Recent Posts 最近の記事