Switch版『ドラクエ11』が豪州レーティングを通過、PS4版よりも少し大人向けに?

Nintendo Switchで2019年秋に発売予定の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S (海外名称:DRAGON QUEST XI S: ECHOES OF AN ELUSIVE AGE – DEFINITIVE EDITION)』が、オーストラリアのレーティング機関(ACB, Australian Classification Board)に登録されました。 区分は

コナミ『CASTLEVANIA ANNIVERSARY COLLECTION (悪魔城ドラキュラ アニバーサリー コレクション)』が豪州レーティングを通過

コナミの人気アクションゲームシリーズ『悪魔城ドラキュラ』シリーズ関連タイトルと思われる『CASTLEVANIA ANNIVERSARY COLLECTION』が、オーストラリアのレーティング機構ACB(Australian Classification Board)に登録されました。

3DS『マリオ&ルイージRPG3 DX』が早くも豪州レーティングを通過、2019年発売予定の『マリルイ3』リメイク

3月の Nintendo Direct にて発表された『マリオ&ルイージRPG3!!!』のリメイク『マリオ&ルイージRPG3 DX』。 『1』をリメイクしたあと、『2』を飛ばして登場する、2009年にニンテンドーDSで発売された『マリオ&ルイージRPG3!!!』をフルリメイクした作品ですが、2019年の発売予定ながら、早くも海外版『MARIO & LUIGI: BOW

3DS向けリメイク『ルイージマンション』の開発は『時オカ3D』『ムジュラ3D』などのグレッゾが担当

2018年内にニンテンドー3DSで発売予定のリメイク版『ルイージマンション』がオーストラリアのレーティング機関 ACB の審査を通過し、開発元がグレッゾであることが明らかになりました。ちなみにレーティングは一般とMレーティングの中間にあたる「PG (Parental Guidance)」でオリジナル版と同じ。『ルイージマンション2』は一般の「G」でした。

任天堂をパブリッシャーとする『EclairCity』なるタイトルが豪州レーティングに登録

昨年12月、任天堂アメリカ(Nintendo of America)をパブリッシャーとする『EclairCity』なるゲームタイトルが、オーストラリアのレーティング機関 ACB (Australian Classification Board) に登録されていたことが明らかとなりました。レーティングは全年齢対象を示す「G (General)」より1つ上の「PG (Parental Guidance

ニンテンドースイッチ版『DARK SOULS REMASTERED』は中国の開発スタジオ Virtuos が担当

5月24日に発売予定のニンテンドースイッチ版『DARK SOULS REMASTERED』の開発に、中国のデベロッパー Virtuos が参加していることが明らかになりました。2月14日にオーストラリアのレーティング機関 ACB (Australian Classification Board) の登録情報が更新され、『DARK SOULS REMASTERED』が登録されたことから判明しています

3DS『Hey! ピクミン』の開発は『ヨッシー New アイランド』チーム

7月13日に発売日が決定した、ニンテンドー3DS向けに初めて登場する『ピクミン』ゲーム、『Hey! ピクミン』。 横スクロールスタイルの見た目で登場する新しいピクミンの開発は、『ヨッシー New アイランド』や『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』(3DS版)等で知られるアーゼストが担当していることが、先日公開されたオーストラリアのレーティング(ACB)から明らかになりました。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の豪州レーティングは「M」、『スカウォ』や『トワプリ』と同じ

Wii U と Nintendo Switch に対応し、2017年に発売予定の任天堂『ゼルダの伝説』シリーズ最新作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。広大なオープンワールドが舞台となる『ブレス オブ ザ ワイルド』では、これまでの作品以上に自由度の高い冒険、そしてサバイバルを楽しむことができます。 このアクションアドベンチャーシリーズの最新作が23日、オーストラリア等級審査委員会(Au