Nintendo Switch、「楽天市場 2019年上半期ランキング」で1位

楽天は7月2日、「楽天 2019年 上半期ランキング」を発表しました。 「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天Kobo」「ラクマ」「楽天トラベル」「Rakuten TV」の6サービスにおいて集計した各ランキングで、楽天市場の 「2019年上半期ランキング」(集計期間:2018年11月1日 〜 2019年4月30日)において任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch Joy-Con(L) ネ

【NPD】2018年に北米で最も売れたゲームソフト トップ20

2018年、アメリカのゲーム産業は大きな盛り上がりを見せました。NPDグループによると、業界全体の年間売上高は434億ドル。ゲーム内支出やサブスクリプションを含めると、前年と比較して18%増加しました。通常発表されているハードウェア、ソフトウェア、周辺機器市場、ゲームカードの売上も13%増の167億ドルでした。 NPDのアナリストMat Piscatella氏によると、2018年の米国ゲーム産業は

欧州:2018年に最も遊ばれたNintendo Switchゲーム トップ21

任天堂ヨーロッパ(Nintendo of Europe)は、2018年にプレイ時間の多かったNintendo Switchソフトを集計し、ゲームニュースで共有しました。 任天堂ソフトを抑えて1位になったのは、人気のバトルロワイヤルゲーム『フォートナイト』でした。ニンテンドーeショップから無料でダウンロードすることができる基本プレイ無料のソフトで、Nintendo Switch Onlineへの加入

実際に遊んだユーザーが選ぶNintendo Switchベストゲーム トップ30【2018年版】

任天堂では定期的に、Nintendo Switch ソフトを実際に遊んだユーザーを対象に、ランダムでアンケートを実施しています。今回はそのアンケート結果から、2018年におすすめ度の高かったソフトの年間ランキング ベスト30が発表されています。

「Amazonランキング大賞2018上半期」が発表、ゲーム1位は『モンハンワールド』

Amazonから「Amazonランキング大賞2018上半期」が発表されました。集計期間は2017年11月13日〜2018年4月30日。「テレビゲーム総合」部門では『モンスターハンター:ワールド』が1位を獲得。2位と3位には『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』が入りました。4位は『スーパーマリオ オデッセイ』、5位は『Mobageモバコインデジタルコード 3,000円』でした。 6位

2017年に安定して高評価のゲームを発売した会社ランキング、GOTY『ゼルダの伝説 BotW』『スーパーマリオ オデッセイ』発売の任天堂は2位

Metascore でおなじみゲームレビューの集積サイト Metacritic が、2017年に発売されたソフトのパブリッシャーランキングを発表しました。ランキングは各ゲームの Metascore にのみ基づいて決定し、セールスやユーザースコアは影響しません。

オーストラリア 2017年 年間トップ100:『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は11位に

オーストラリアとニュージーランドの業界団体「インタラクティブ・ゲーム&エンターテインメント協会(Interactive Games & Entertainment Association, IGEA)」が、NPD グループの集計データに基づいたオーストラリア市場の2017年トップ100を公開しています。 2017年は、年間30億ドル以上の規模となったオーストラリアのゲーム産業。パッケージ

2017年、欧州のニンテンドーeショップで最も人気だった Nintendo Switch 用ソフト トップ30

任天堂ヨーロッパが、2017年の欧州地域における Nintendo Switch ニンテンドーeショップ販売ランキング トップ30を発表しています。ランキングは、欧州で2017年にダウンロードされた件数にもとづいて決定。 欧州のeショップでは『マインクラフト』や『スターデューバレー』『ロケットリーグ』といった、他機種でも人気のタイトルが、上位3位までを独占する結果となりました。『ソニックマニア』も

NPD 2017年12月の米ゲーム小売市場:ニンテンドースイッチが総規模33億ドルとなった月間販売を牽引、月間・年間販売トップセラーソフトは『CoD: WWII』

NPD グループから2017年12月の米国ゲーム小売市場動向が報告。ニンテンドースイッチが月間150万台を突破するなどハードウェアを中心に好調な販売が続いたことで、前年を10%上回る33億ドル規模となったことが明らかになりました。

ドイツ市場の2017年の年間ベストセラー トップ20、スイッチを牽引した『ゼルダ』『マリオカート』『スーパーマリオ』がトップ10入り

ドイツの業界団体 BIU から、GfK の集計結果にもとづいた2017年の年間売上げランキングが発表されました。ドイツ市場で2017年に最も人気だったゲームソフトは『FIFA 18』でした。『FIFA 18』はPS4版が100万本以上、その他機種版を含めて150万本を突破。圧倒的人気を獲得しています。2位につけたのは昨年の不振を払拭した『Call of Duty: WWII』、3位は『GTA V』

ニンテンドーeショップ:2017年 年間ダウンロードランキング トップ30 【日本編】

2017年に日本の Nintendo Switch ニンテンドーeショップで配信されたダウンロード専用ソフトの年間ランキングトップ30が発表されました。年間1位を獲得したのは、直近のeショップダウンロードランキングでも1位を獲得している『マインクラフト』でした。まあ強いですね。2位はコミュニケーションも大事なアクションパズル『いっしょにチョキッと スニッパーズ』。『Overcooked』は6位に。