『ほぼ日手帳2015』のラインナップに『MOTHER2 ギーグの逆襲』コラボレーションカバー。オネットの街がデザイン

毎年様々なカバーが用意されている『ほぼ日手帳』。手帳の定番として人気の『ほぼ日手帳』の2015年版となる、『ほぼ日手帳 2015』の全76種類のラインナップの一部が先行公開され、『MOTHER2 ギーグの逆襲』とのコラボレーションカバー「Onett(オネット)」が登場することが明らかになりました。

「Onett(オネット)」はその名の通り、『2』のさいしょの街であるオネットがモチーフとなっているカバー。通りにはネスやシャーク団たちも確認できます。

カバーには町のマップと、町の西側にある「くちばし岬」が1枚にプリント。バタフライストッパーは、オネットの海と森。カバー内側としおりの先のチャームはネスが背負ってるリュックの色であるイエローでデザインされています。

また、このカバーには、ドット絵のどせいさんとあの特徴的な「どせいさんフォント」がプリントされた、赤いオリジナル下敷きもセットになっているとのこと。

「Onett(MOTHER2)」のほか、今回は「hana hane(ミナ ペルホネン)」「マミタス(中川翔子)」「HIMALAYA(石川直樹)」「Otomi(世界の伝統柄)」「hula(タイ&チーフシリーズ)」のデザイン画公開されています。

『ほぼ日手帳 2015』の全ラインナップは、8月22日に発表。9月1日午前11時より販売開始予定です。

ほぼ日関連商品ではありませんが、ドイツのアーティストグループeBoyが以前、ポールスミスなどと多数のコラボ商品を展開していましたけれども、『MOTHER2』のドット絵も負けず劣らず。いいですね、ドット絵。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。