【ポケ森】配信4周年を迎え累計売上が2.5億ドルを突破、『マリオカート』を抜いて任天堂モバイルタイトルの2位に

どうぶつの森 ポケットキャンプ 4周年 Animal Crossing: Pocket Camp

任天堂の『どうぶつの森』シリーズを題材とするモバイルゲーム『どうぶつの森 ポケットキャンプ』(ポケ森)。2017 年の配信開始から 4 周年となりますが、これまでの売上高が2億5,000万ドルを突破したようです。調査会社の Sensor Tower が報告しています。

Sensor Tower の Store Intelligence のデータによると、世界的に新型コロナウイルスやロックダウンの影響を受けた 2020 年、『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)が社会現象となった一方で、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』もまた、2017年にサービスを開始して以来、過去最高の 1 年となりました。

2020年の『ポケ森』の売上高は、2019年から23.6%上昇して7,750万ドルを記録。2020 年 4 月は過去 2 番目となる 710 万回ダウンロードされ、5 月には1か月の売上としては過去最高の 840 万ドルを達成しました。

2021 年もこれまでのところ 5,150 万ドルの売上があり、アップデートで再び盛り上がる本編『あつ森』とともに2タイトルそれぞれ継続プレイヤーを獲得しているようです。

『ポケ森』の累計売上高は 2 億 5,570 万ドルとなり、『マリオカート ツアー』を抜いて任天堂のモバイルゲームとして 2 位に浮上しました。1位は『ファイアーエムブレムヒーローズ』で9億2,960万ドル。3位『マリオカート ツアー』は2億4,370万ドルです。2021年11月1日をもってサービスを終了した『ドクターマリオ ワールド』は 1,390 万ドルでした。

もっともアツく『ポケ森』を楽しんでいるのは日本で、売上高は1億7,200万ドル。全体の67.3%を占めています。2位はアメリカで 21%、3位は韓国で 1.8% でした。

OS 別では App Store (iOS) が 61%と多く、Google Play (Android) は 39%、1億ドルということです。

ダウンロード数で見るとまた違った傾向が見えてきます。アプリを最もダウンロードしているのはアメリカで、全体の33%を占める 2,040 万ダウンロード。支出額 1 位だった日本は2位の 7.8%、3位はフランスで6.3%でした。全体では6,180万ダウンロードを記録しています。

ダウンロード数を OS 別に見ると、App Store (iOS) が 54%、Google Play (Android) は46%でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

各タイトルは単品購入できるほか、月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむこともできます。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。

Audible