「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に


 

2021年9月2日、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができる「+メッセージ (プラスメッセ―ジ)」が携帯大手3社すべてのブランドとMVNOに順次対応します。

相手がどの通信会社であるかを気にすることなく、メッセージのやり取りができるようになります。

KDDI では au と povo 向けに提供されていましたが、9月2日より UQ mobile にも対応。UQ mobileで「au災害対策」アカウントが利用可能になります。

NTTドコモのドコモと ahamo はすでに対応済みで、9月下旬よりドコモ回線の MVNO に提供を開始します。ソフトバンクは2022年春をめどに、ワイモバイルやLINEMO(ラインモ)、ソフトバンク回線のMVNOで開始します。

「+メッセージ」は2018年5月よりサービス提供が開始された、携帯電話番号で安心・安全にメッセージを送受信できるサービス。「操作がシンプルで、誰にでも使いやすいので、ビジネスシーンや家族などのいろいろな相手と利用できる」「無料のスタンプが豊富でかわいい」など好評で、2021年7月には利用者が2,500万人を突破したそうです。

企業とやりとりができる「公式アカウント」においても、携帯3社が認証した企業や団体がアカウントを開設しているため、「安心してメッセージを開封できる」など、好評なのだそう。


この記事をシェアする

Next

Previous