【ahamo】80GB増量の「大盛りオプション」が最大4か月分実質0円

毎月のギガ足りてる? NTT ドコモはオンライン専用プラン「ahamo」のデータ容量を 1 か月あたり 80GB 増量する「大盛りオプション」(月額1,980円)について、料金を最大4か月分ポイントで還元する「大盛りオプション実質 0 円キャンペーン」を開始しました。 期間は2022年12月31日まで。

【d払い】「dカード」以外のクレジットカードはポイント付与対象外に、6月から

NTTドコモは 2022 年 6 月 1 日より、クレジットカードを支払い元とする「d払い」について、ポイント進呈ルールを変更。dカード以外のクレジットカードはポイント付与の対象外となりました。 また同時に「d払い(ネット)」「d払い(予約・注文)」も変更されポイント還元率が半減。現行は100円(税込)につき1ポイントが付与(1.0%)されますが、6月1日以降は200円(税込)につき1ポイント(0

【DAZN for docomo】「月1,078円」特別料金が遂に終了、7月より「月1,925円」に値上げへ

NTTドコモは2022年4月14日、スポーツ配信の「DAZN for docomo」について、現在月額1,078円(税込)で利用中のユーザーの料金を値上げすると発表しました。料金改定は2022年7月1日より。新価格は月1,925円(税込)となります。

【ahamo】月100GB使える「大盛り」オプション6月から提供へ、基本の20GBに追加で80GB

ギガ大盛り。 NTTドコモは2022年3月23日、オンライン専用プラン「ahamo」において、月間データ容量を 80GB 追加する「大盛りオプション」の提供を2022年6月より開始します。月額料金は1,980円(税込)。 月間データ容量が 20GB の「ahamo」基本プラン(月額2,970円)とあわせ、月 4,950円で月間 100GB のボリュームを利用可能に。テザリングを含め利用することがで

【ahamo】Amazonギフト券10,000円分などが当たる1周年キャンペーン

NTTドコモはオンライン専用プランの「ahamo」(アハモ)がサービス開始から1周年となることを記念したキャンペーンを3月1日より実施中です。 「ahamo」は月2,970円で20GBのデータ容量と国内通話5分無料がつくオンライン契約専用の料金プラン。ドコモから格安プランが出たことのインパクトは大きく(実際はドコモの既存プランとは違うのでサブブランドに近いのですが)、「ahamo」をきっかけとして

【d払い】「ドコモ払い」のサービスが統合へ、6月から

NTTドコモは2022年6月1日より、キャリア決済「ドコモ払い」のサービスを、「d払い」に統合します。「ドコモ払い」は2018年2月から提供されている、デジタルコンテンツ等の購入代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払いができる、ドコモユーザー向け決済サービス。「d払い」と統合する理由についてドコモは「より多くのお客さまにおトク・便利にご利用いただけるようにするため」と説明しています。 ユーザー側で

【DAZN for docomo】4/18以降は本家と同料金の月3,000円へ改定

NTTドコモは2022年2月21日、スポーツライブストリーミングサービス「DAZN for docomo」の料金を2022年4月18日より改定すると発表しました。 2022年4月18日以降に申し込む場合の新しい料金は本家「DAZN」の標準価格と同じ月額3,000円(税込)。2022年4月17日までに申し込むと、契約時の月額料金(1,925円(税込)または1,078円(税込))のまま引き続き利用可能

【ドコモ】インターネット通信が繋がりにくい障害発生

NTTドコモによると、2022年2月1日8時頃より、一部地域でインターネット通信が利用しにくくなる障害が発生しています。対象サービスの範囲や原因、復旧見込みなどは10時30分の時点で「確認中」。復旧見込みについては改めて案内するとしています。

「ドコモでんき」はじまる、電気料金の最大10%がdポイント還元

NTTドコモは2022年3月1日より「ドコモでんき」の提供を全国で開始します(沖縄県、島しょ部の一部を除く)。利用料金に応じて最大10%のdポイントが貯まることが特徴。 提供されるプランは「ドコモでんき Green」と「ドコモでんき Basic」の2種類。

【ドコモ】「@docomo.ne.jp」をずっと使える、ドコモメール持ち運び

NTTドコモは2021年12月16日より、「@docomo.ne.jp」をずっと使える「ドコモメール持ち運び」サービスを開始します。 価格は月額 330 円(税込)。 クラウドで保管されているメールデータも、そのまま残すことができます。 このサービスを利用することで、ドコモ回線を解約し他社へ乗り換えたり、ahamoへプラン変更した後もドコモメールを使い続けることができます。

ドコモに続いてソフトバンクとKDDIも「解約金(契約解除料)」を撤廃へ

ソフトバンクは2021年10月26日、ソフトバンクとワイモバイルにおける携帯電話料金プランの契約解除料を2022年2月1日より撤廃すると発表しました。 2019年9月の電気通信事業法改正前に2年契約のプランに加入した場合、定められた期間以外で解約すると原則1万450円が請求されていましたがこれが不要になります。 契約更新月以外の期間に解約する場合に発生していた契約解除料金がなくなることで、他社への

「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に

2021年9月2日、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができる「+メッセージ (プラスメッセ―ジ)」が携帯大手3社すべてのブランドとMVNOに順次対応します。 相手がどの通信会社であるかを気にすることなく、メッセージのやり取りができるようになります。