「+メッセージ」が携帯3社すべてのブランドとMVNOで利用可能に

2021年9月2日、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができる「+メッセージ (プラスメッセ―ジ)」が携帯大手3社すべてのブランドとMVNOに順次対応します。 相手がどの通信会社であるかを気にすることなく、メッセージのやり取りができるようになります。

【ドコモ】オンラインショップやahamoサイトでeSIM提供を開始

NTT ドコモは 2021 年 9 月 1 日、ドコモオンラインショップやオンライン専用ブランド「ahamo」において、2021年9月8日より eSIM を提供開始すると発表しました。iPhone / iPad などが対応します。楽天やソフトバンク、au はすでにeSIM提供を開始しており、ついにドコモも対応を開始します。

【ahamo】dカード払いにすると月のデータ容量が最大25GBに増量

NTTドコモはオンライン料金プラン「ahamo」について、毎月のデータ容量を最大5GB増量して25GBとする「dカードボーナスパケット特典」の提供を開始します。2021年9月1日からスタート。 「ahamo」は月額基本料金2,970円(税込)でデータ容量20GB、国内通話5分無料が含まれる料金プラン。この特典が適用されることで毎月のデータ容量が最大5GB増量され、毎月25GB利用することができるよ

「DAZN for docomo」通常月額1,925円が実質月額1,078円(最大6か月間)に、お得料金が期間限定で復活

通常月額 1,925 円(税込)の「DAZN」(ダゾーン)を、実質月額 1,078円(税込)で、最大6か月間利用できる。 NTTドコモは、スポーツ配信サービス「DAZN」と提供するる「DAZN for docomo」を最大 6 か月間、実質月額 1,078円(税込)で利用できる「DAZN for docomo おうちで観戦!全力応援キャンペーン」を実施します。 期間は 2021年8月24日(火)〜

ドコモ、「ahamo」税込で2,970円に価格改定。初代 iPhone SE / 6 にも対応

NTTドコモは2021年3月1日、3月26日からサービス提供開始予定の新料金プラン「ahamo(アハモ)」について、月額料金をこれまで発表していた税別2,980円(税込3,278円)から税別2,780円(税込2,970円)に改定すると発表しました。 税込で3,000円を下回る価格で、サービス内容は以前の発表通り月20GBのデータ容量や5分以内の通話無料が含まれます。

ドコモ、「d払い」に新型コロナのクラスター発生情報通知機能。東京都の新型コロナ・テックパートナー企業に

NTTドコモは、スマホ決済サービス「d払い」において、9 月 1 日より東京都の新型コロナ・テックパートナーとして、「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を提供する事業に参画します。 ユーザーが「d払い」を利用して決済した都内の加盟店舗などで新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した際に、ユーザーの決済履歴に基づいて、店舗名とクラスター発生日時などの情報を通知します。 9月1日以降、準備が整

『DAZN for docomo』ドコモユーザー優待が9月末で終了、10月から通常と同じ価格に

NTTドコモは 、スポーツライブストリーミングサービス『DAZN for docomo』の料金を、2020 年 10 月 1 日より改定します。 スポーツ観戦をより身近に体験してもらうためとして、現在はドコモユーザーであれば月額1,078円(税込)で『DAZN for docomo』を利用できますが、10 月 1 日からは『DAZN』標準価格と同じ月額1,925円(税込)となります。

【Pontaポイント】「dポイント」との相互交換サービスが9月で終了に

2020年5月、au 系の共通ポイントサービスは「au WALLET ポイント」から「Pontaポイント」へと変更されました。これまでの「au WALLET ポイント」は終了し、au の共通ポイントは現在「Pontaポイント」で運用されています。 「Pontaポイント」はドコモの「dポイント」との相互交換が可能。これにより au 系かドコモ系どちらか一方で貯めたポイントを1つにまとめることができる

携帯3社、25歳以下のデータチャージを50GBまで無償化。教育機関のオンライン授業支援

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、多くの教育機関で新学期に入っても休校の継続が余儀なくされています。 学習機会の確保のため、オンラインで授業を行うといった施策も出てきていますが、オンライン授業を聴講する際の負担を軽減するため、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社は通信料の負担軽減策を導入します。 具体的には、契約プランで設定されたデータ容量を超過した後のチャージ