auから月2,480円・20GBの新料金ブランド「povo (ポヴォ)」が登場、ドコモ「ahamo」やソフトバンクとの違いは

au 新料金ブランド「povo (ポヴォ)」

KDDI と沖縄セルラーは2021年1月13日、月間データ容量20GBを月額2,480円で利用できる新たな料金ブランド「povo (ポヴォ)」を2021年3月からはじめると発表しました。Circles Asia 社と協業し、オンライン専用の新料金ブランドとして展開します。

必要に応じて、200円で24時間データが使い放題となるオプションなども利用可能。

au の新料金ブランド「povo」

ドコモの「ahamo」追従のau新料金ブランド「povo」が発表されました。開始は2021年3月から。「povo」の特徴は、月額2,480円でデータ容量20GBが使えること。超過後も最大1Mbpsの通信速度で利用可能です。

無料通話は含まれておらず、20円/30秒。ただし“追加トッピング”という形で、ユーザーの利用スタイルに応じて通話かけ放題などを選択することができます。

「ahamo」と同じ5分以内の通話かけ放題の場合は追加で500円/月となり、月額2,980円で横並びに。

サービス概要
月額料金2,480円
月間データ容量20GB
通話料金20円/30秒
20GB超過時の速度最大1Mbps
追加トッピング内容
データ使い放題 24時間200円/24時間
データ追加 1GB500円/1GB
5分以内通話かけ放題500円/月
通話かけ放題1,500円/月

比較

ドコモの「ahamo」とソフトバンクの「Softbank on LINE(仮)」、auの「povo」との比較はざっくり次の通りです。

 NTTドコモ
ahamo
KDDI(au)
povo
ソフトバンク
LINEMO
月額料金2,980円2,480円2,480円
データ容量20GB20GB20GB
通話料金20円/30秒20円/30秒20円/30秒
5分以内無料-
500円/月
-
500円/月
キャリアメールなしなしなし
超過後の速度制限最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
データ容量追加500円/1GB500円/1GB500円/1GB
かけ放題1,000円/月1,500円/月1,500円/月
その他データ使い放題
200円/24時間
LINEギガノーカウント
LINEスタンプ無料
ネットワーク回線ドコモの4G/5Gauの4G/5Gソフトバンクの4G/5G

「povo」は「20GB・月額2,480円」に特化したプランとなっており、無料通話はオプションです。その分500円安くなっています。通話が多い人は追加トッピングの「5分以内通話かけ放題」や「通話かけ放題」を契約することで、他社と同水準の価格に。

申し込みから24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」が提供されることも、「povo」の特徴です。必要なときに、200円で追加することができます。

これら追加トッピングは“第1弾”と発表されており、ユーザーのニーズに応じて順次拡充していくとされています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible