「TechCrunch Japan」 「エンガジェット日本版」 が3月31日に更新終了、5月1日で閉鎖へ

Boundless は2022年2月15日、同社が運営するウェブメディア「TechCrunch Japan」および「エンガジェット日本版」を閉鎖すると発表しました。

両サイトともに 2022 年 3 月 31 日をもって日々の更新が終了し、2022 年 5 月 1 日で閉鎖します。

老舗ウェブメディア 日本版 が閉鎖へ

閉鎖の理由について Boundless は、米国本社のグローバル戦略に伴う決定であると説明しています。

日本語版閉鎖後は、サイトへアクセスしても米国版の米国版の TechCrunch と Engadget にリダイレクトされるということです。

ということはおそらく日本語での過去記事は読めなくなってしまいますね。

TechCrunch Japan は 2006 年に、エンガジェット日本版は 2005 年にはじまった IT やテクノロジー、ガジェット系を中心に扱う老舗ウェブメディアの日本語版。本家メディアの翻訳のほか日本独自の話題も扱っていました。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

各タイトルは単品購入できるほか、月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむこともできます。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。

Audible