【楽天カード】税金・公共料金のポイント付与率が500円につき1ポイントに改悪、6月利用分から


楽天カード

 

楽天カードは2021年3月1日、2021年6月利用分から公共料金などの利用分についてのポイント付与率を、従来の1%(100円につき1ポイント)から0.2%(500円につき1ポイント)に引き下げると発表しました。

付与率引き下げの対象となるのは「公共料金(電気、ガス、水道)」「税金(国税、都道府県税など)」「国民年金保険料」「Yahoo!公金支払い」。これ以外の利用分に関しては、引き続き1%ポイント還元が維持されます。

500円につき1ポイントとなる利用先

電力

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力エナジーパートナー
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

ガス

  • 北海道ガス
  • 仙台市ガス局
  • 東部ガス
  • 東彩ガス
  • 武州ガス
  • 東京ガス
  • ニチガス
  • 京葉ガス
  • 静岡ガス
  • 東邦ガス
  • 北陸ガス
  • 大阪ガス
  • 岡山ガス
  • 広島ガス
  • 四国ガス
  • 西部ガス
  • 日本ガス

水道

  • 札幌市水道局
  • 仙台市水道局
  • さいたま市水道局
  • 東京都水道局
  • 神奈川県営水道
  • 川崎市上下水道局
  • 横浜市水道局
  • 浜松市上下水道
  • 名古屋市上下水道局
  • 京都市上下水道局
  • 大阪市水道局
  • 神戸市水道局
  • 福岡市水道局

税金

  • 自動車税
  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 法人税
  • 地方法人税
  • 贈与税
  • 源泉所得税
  • 住民税

その他

  • 国民年金保険料
  • Yahoo! 公金支払い

0.2%還元対象となる利用先の一覧はこちら

これまでは公共料金など固定費の支払いに対して毎月1%ポイント還元があったわけですが、6月以降の利用分からは0.2%と5分の1に改悪。お得な還元率とは言えません。

楽天カード


この記事をシェアする

Next

Previous