定食の「大戸屋ごはん処」が各種QRコード決済への対応開始、PayPay・楽天ペイなど5種類導入

定食チェーンの「大戸屋ごはん処」にて、2021年9月6日よりスマホのコード決済サービス対応が開始。全国 259 店舗でPayPay や楽天ペイなど5種を支払いに利用できるようになりました。 利用可能となったのはPayPay、楽天ペイ、d払い、メルペイ、au PAY。

【d払い】新規加盟店の決済手数料が1年間無料に

NTTドコモは2021年8月31日、店頭の QR コードを利用者が読み取るユーザースキャン方式の「d払い(コード決済)」について、2021年9月1日以降に新規で申し込む加盟店を対象に、2021年9月1日から2022年9月30日までの間、「d払い」の決済手数料を無料とする「『d払い』をはじめる街のお店を応援!手数料無料キャンペーン」を実施します。

Suica等交通系ICカードが電子キーになる、オフィスやホテルに入退室できる新サービス

手持ちのSuica等交通系ICカードが入退室のキーに。 JR東日本は2021年8月30日、JR東日本メカトロニクスとアートとの共同で、Suicaなど交通系 IC カードを使用した新たなサービス『Suicaスマートロック』の提供を2021年冬に開始すると発表しました。 モバイルSuicaを含む手持ちのSuica等交通系 IC カードが、オフィスやホテル、マンション、複合施設等を利用する際の鍵として利

【au PAY】新規・既存加盟店問わず決済手数料無料、22年9月末まで1年延長

スマホ決済大手の「PayPay」が10月からの決済手数料有料化(最低1.6%)を発表していますが、追いかける競合サービスは手数料無料を延長します。 KDDI は会員数2,500万人の決済サービス「au PAY」で、加盟店から得る決済手数料の無料期間を1年延長します。 au PAY の通常決済手数料は 2.60% ですが、減免キャンペーンで 2021 年 9 月 30 日まで無料となっています。そし

【楽天ペイ】期間限定で決済手数料「ゼロ」、中小規模の新規加盟店向け

スマートフォンを使ったコード決済サービスの加盟店向け決済手数料が順次有料化される方向となっていますが、楽天はコード決済サービス「楽天ペイ」において、年商10億円以下の中小規模の新規加盟店を対象に、通常3.24%〜の決済手数料を実質0円にする「中小店舗様応援! 決済手数料実質0円キャンペーン」を実施します。 期間は2021年10月1日から2022年9月末まで。 申込は本日より受け付けています。

【Amazon Pay】Amazonギフト券で支払うと0.5%還元

Amazon が提供する ID 決済サービス「Amazon Pay」にて、10万以上の対応加盟店で Amazon Pay を利用する際に Amazon ギフト券残高を使って支払うと、支払金額の 0.5% 分が Amazon ギフト券残高として還元されるようになりました。 Amazon Pay は Amazon アカウントに登録された情報を使用して加盟店で買い物ができる、かんたん・便利な決済サービス

電子マネー「nanaco」「WAON」が2021年内にApple Pay対応へ

セブン&アイホールディングスが展開する電子マネー「nanaco」と、イオンが展開する電子マネー「WAON」が、2021年内に Apple Pay へ対応。nanaco および WAON を Apple Pay に設定すると、iPhone や Apple Watch で利用できるようになります。 サービス内容や開始日については、詳細が決まり次第発表されます。 nanaco と WAON が

Googleがスマホ決済・送金「pring」買収、メタップスが正式発表

メタップスは2021年7月13日、スマホ決済・送金サービスの pring(プリン)の全株式を Google に譲渡することを決定したと発表しました。報道が先行していましたが、正式に発表。 メタップスは pring の株式 45.3% を保有。売却額はおよそ 49 億円。みずほ銀行などその他の既存株主分を加えると買収額は総額 200 億円超の規模とみられています。 pring 側は Google に