【Amazon Pay】新たな支払い方法として後払い「ペイディ」に対応、「3回あと払い」も選択可能


 

Amazon が提供する決済サービス「Amazon Pay」。Amazon アカウントに登録された配送先住所や支払い方法を利用して、外部ECサイトでも簡単・便利に買い物ができる決済サービスです。

決済方法はこれまでクレジットカードかAmazonギフト券を選択可能でした。10月27日より新たに、あと払い(Buy Now Pay Later)サービスの「ペイディ」を使った買い物もできるようになりました。代金は注文の翌月にまとめて支払いができます。

また Amazon Pay を使った EC サイトでの支払いにおいて、初めて分割払いにも対応します。ペイディアプリで本人確認を完了している場合、Amazon Pay を使った支払いの際に、ペイディの「3回あと払い」を選択して決済し、商品購入後 3か月で支払いすることができます。

ペイディを利用することで、クレジットカードを持っていない、またはご利用を控えたい場合も、オンラインショッピングを楽しめます。ペイディでの支払いはコンビニ払いや銀行振込、口座振替を選択できます。

ギフト券残高と組み合わせた支払いも可能。Amazonアカウント内にAmazonギフトカードの残高がある場合は、購入代金をギフトカード残高から支払い、不足分をペイディで支払うことができます。

Amazon Payで「あと払い (ペイディ)」利用までの流れ

1.Amazonアカウントとの連携

Amazonアカウントサービス内の「お客様の支払い方法」の画面で、「あと払い(ペイディ)」を選択し、アカウントを連携します。ペイディアカウントをまだ持っていない場合はペイディアカウントを作成します。ペイディアカウントの作成では、氏名、メールアドレス、携帯電話番号が必要です。

2.Amazon Pay対応のECサイトで「あと払い(ペイディ)」を選択して注文

お支払い方法の指定画面で「あと払い(ペイディ)」を登録・選択し、注文を確定します。販売事業者様が売上請求したタイミングで請求が確定します。

Amazonギフトカードの残高がある場合は「あと払い(ペイディ)」での支払いの際に、ギフトカード残高を併用して決済できます。また、ペイディアプリで本人確認済みであれば、分割手数料無料の「3回あと払い」を使った支払いが可能です。

3.お支払いはコンビニ・銀行で

請求料金の支払いはコンビニ払い、銀行振込、口座振替のいずれかを選択可能です。このときクレジットカードは必要ありません。

4.翌月10日までに、まとめてお支払い

請求額確定の翌月1日から3日までに、EメールとSMSでご請求案内が届きます。請求月の10日までに支払いを済ませます。なおコンビニ払いで、一括して支払う場合、手数料は356円です。「3回あと払い」をする場合などその他手数料詳細はペイディのウェブサイトでご確認ください。銀行振込手数料は金融機関により異なります。

口座振替は手数料無料で、商品発送の翌月12日の引き落としとなります。

「あと払い(ペイディ)」利用キャンペーン

今回のサービス提供を記念してキャンペーンが実施されます。キャンペーン実施期間は2022年10月27日〜11月30日まで。

Amazon Payが導入されたECサイトで「あと払い(ペイディ)」を使って 2,000 円以上の商品を購入すると、Amazonギフトカード 300 円分がギフトカード残高に還元されるキャンペーンです。

Amazonギフト券残高に直接還元されるので、Amazon Pay に使うもよし Amazon での買い物に使うもよし。使い方いろいろ。

Amazon Payであと払い(ペイディ)を利用して300円分のAmazonギフト券をもらおう


この記事をシェアする

Next

Previous