【PayPay】他社クレジットカードの新規登録・利用が停止に


PayPay ペイペイ

 

  • PayPayで他社のクレカを紐付けて支払う方法が廃止に
  • 自社発行(PayPay)のクレカのみ(PayPay カード / PayPayカードゴールド)
  • 残高チャージもしくは PayPay あと払い
  • 2023年8月1日から

PayPay は 2023年8月1日以降、スマホ決済「PayPay」を利用した支払いの際に「PayPay カード」「PayPayカードゴールド」以外のクレジットカードを利用した決済ができなくなると発表しました。この措置にともない 2023 年 7 月初旬より、クレジットカードの新規登録が停止となります。

ただし「PayPayカード」「PayPayカード ゴールド」を持っている方は「PayPayあと払い」に登録することで利用可能です。

PayPay、クレジットカードの新規登録および利用の停止

2023年8月1日以降、PayPayでの決済はPayPayカード株式会社が発行するクレジットカード「PayPayカード」「PayPayカード ゴールド」のみの利用となり、他社発行カードは使えなくなります。PayPay では他社カードに対してポイント付与対象外とするなど、これまでも PayPay カード・サービスへの誘導を進めていました。これが8月から他社カードは完全に PayPay から締め出される格好に。

別会社発行のクレジットカードは8/1に登録が解除されます

現在別会社発行のクレジットカードを登録している場合、2023年8月1日にクレジットカードの登録が解除されます。「PayPayあと払い」に登録する、あるいは銀行口座から PayPay 残高にチャージするなどの方法で、引き続き PayPay決済を利用可能です。

「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」での残高チャージ手数料が改定

PayPayはまた、PayPay 残高チャージ時の「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」での手数料改定も実施します。改定は2023年8月1日から。現在の手数料無料から、毎月2回目以降にチャージする場合2.5%の手数料がかかるようになります。

初回は無料なので、複数回のチャージにならないよう毎月一回まとまった金額をチャージするようにしましょう。

  • 変更前:手数料無料
  • 変更後:毎月2回目以降のチャージは2.5%の手数料 ※毎月初回のチャージは手数料無料
例)10,000円チャージすると10,000円×2.5%=手数料250円がチャージ金額と併せてソフトバンク・ワイモバイルの通信料お支払い時に請求されます(チャージ金額10,000円+手数料250円=10,250円)
関連キーワード

share