【楽天ポイント運用】ユーザー数が500万人突破、貯まった楽天ポイントですぐにはじめられる投資の疑似体験

楽天ポイントクラブ

楽天ポイントを使用して投資の疑似体験ができる「ポイント運用 by 楽天PointClub」のユーザー数が500万人を突破しました。楽天と楽天証券会社が2021年8月2日に発表しました。

「ポイント運用 by 楽天PointClub」は、2018年10月よりスタートした投資を疑似体験できるサービス。楽天証券口座は不要で、楽天IDを持つ楽天会員であれば利用でき、追加した楽天ポイントが楽天証券が販売する投資信託の基準価額に応じて増減します。

コースは積極的な運用ができる「アクティブコース」と、安定的な運用ができる「バランスコース」の2つのコースから選択可能。

「アクティブコース」は「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」の基準価格の値動きに連動。「バランスコース」は「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」の基準価格の値動きに連動します。

発表によると近年ではより値動きの大きい「アクティブコース」を選択するユーザーが 9 割を占めているそうです。

この1か月は高値圏で値動きがやや停滞していますが、設定来では35%以上プラスのパフォーマンスを見せています。

利用者を年代別に見ると、30代以下のユーザーが過半数を占めています。1,000 ポイント以上運用しているユーザーの割合を見ると、40代以上(29.5%)よりも30代以下(35.3%)のほうが約6ポイント高く、複数回に渡ってポイントを追加し運用するユーザーの割合においても、40代以上(47.4%)よりも30代以下(57.2%)のほうが約10ポイント高い結果となりました。

またポイント運用での体験をきっかけにして楽天証券口座を開設し、本格的に投資を始めるユーザーも増加傾向にあります。2021年1月から3月の期間では、新しく楽天証券の口座を開設した方の約7割(68%)が30代以下でした。若年層を含む多くのユーザーが利用しており、2021年5月には楽天証券の総合口座数が600万口座を突破しました。

楽天ではポイント運用のユーザー数が500万人を突破したことを記念して、特別キャンペーンを9月頃に実施予定です。詳細は近日中に発表されるということです。

ポイント運用のはじめかた

「ポイント運用」への参加は、サービスページへアクセスし、貯まっているポイントを追加するだけ。

楽天証券口座を作る必要はなく、通常ポイントを100ポイント単位で追加してすぐにはじめられます。

ポイント運用 by 楽天PointClub

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。