24時間営業の見直しや本社体制の刷新を図るコンビニエンスストアのファミリーマートが、「楽天ポイントカード」や「dポイント」の導入を決定しました。

2019年11月より、現在の「Tポイント」に加えて、NTTドコモが提供するポイントサービス「dポイント」と、楽天ペイメントが運営するポイントサービス「楽天ポイントカード」でポイントを貯める・使えることができるようになります。

また、保有するTポイント・ジャパンの全株式をCCCへ売却することも決定しています。

このたび、現在お買い物時にご利用いただける「Tポイント」に加え、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘)が提供するポイントサービス「dポイント」及び、楽天ペイメント株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:中村晃一)が運営するポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入することを決定いたしました。なお、導入時期は、2019年11月を予定しております。

via: マルチポイント化で、ファミリーマートでのお買い物がもっと便利に! 「dポイント」「楽天スーパーポイント」も貯まる・使える ~決済機能付きスマホアプリ「ファミペイ」を軸に“デジタル戦略”を推進~|ファミリーマート|ニュースリリース

Tポイントジャパン株式をCCCへ売却

ファミリーマートからのTポイント・ジャパン株式買い取りに関する契約締結のお知らせ
2019年04月10日
 CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦、以下「CCCマーケティング」)は、このたび、株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田貴司、以下「ファミリーマート」)が保有する株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:北村和彦、以下「Tポイント・ジャパン」)の全株式買い取りに関する契約を締結しましたので、お知らせいたします。

via: ニュースリリース|CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

ファミリーマートは4月10日、Tポイント・ジャパンの全株式をCCCマーケティングに売却することで合意。引き続きファミマ店舗でTポイントも扱うものの、利用可能なポイントの独占が崩れることでTポイント離れが進みそうです。

ポイントの付与率は「楽天ポイントカード」も「dポイント」も買い物200円(税込)につき1ポイントの0.5%。

スマホアプリ決済でもっとポイントが貯まる

ファミリーマートは、2019年7月誕生予定の決済機能付きスマートフォンアプリ「ファミペイ」をローンチ予定。

「ファミペイ」とポイントサービスを連携させることで、ポイントサービスの利用から決済まで1つのバーコード提示で完了するスムーズなお買い物ができるようになる。としています。ファミペイ上に、共通ポイントサービスとの連携機能が搭載され、各種ポイントを手軽に利用できるようになります。

ファミリーマートには、支払い方法の1つとしてスマホアプリ決済がすでに導入。楽天ペイやd払い、LINE Pay、PayPayなどが対応しています。楽天スーパーポイントを貯めたい人は楽天ペイ、dポイントを貯めたい人はd払いという形になりそうですが、ファミペイは既存のスマホ決済サービスに食い込むことができるでしょうか。

ポイントサービスと組み合わせ、dポイントや楽天スーパーポイントがファミリーマートでも貯まりやすくなります。

なお楽天では、ファミリーマートとブランド統合した「サークルK・サンクス」時代に発行した楽天ポイントカードを引き続き利用しているユーザーへの感謝の気持ちを込め、また楽天ポイントカードが改めてファミリーマートにて利用可能となることを記念し、「楽天スーパーポイント」を活用したキャンペーンを今後展開予定とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible