【Google】アカウントを2年放置すると全データが削除されるかも、GoogleフォトやYouTubeも対象


Google グーグル

 

Google が長期間利用されていない非アクティブなアカウントのポリシーを更新。2年間放置されている Google アカウントは削除される場合があります。

長期間ログインされない放置されたアカウントは、漏洩した可能性のある古いパスワードを使用していたり、あるいはパスワードを流用している事が多く、二段階認証も設定されず、ユーザーによるセキュリティチェックも甘いため。

放置アカウントは脆弱であることが多く、いったんアカウントが侵害されると個人情報の盗難からスパム、悪意あるコンテンツの媒介など悪用される可能性が高まります。2年間放置でアカウント削除の新ポリシーは、こうしたリスクを軽減するために適用するもの。

2023年12月より開始されます。

もし少なくとも 2 年は Google アカウントを利用していないという場合、Google Workspace(Gmail、Docs、Drive、Meet、カレンダー)、YouTube、Googleフォト内のコンテンツを含むアカウントとそのコンテンツが削除される場合があります。新たなポリシーは “個人の Google アカウント” に対して適用され、教育機関や企業などの組織アカウントは対象外。

ポリシーの適用は現地時間5月16日からですが、すぐに削除が開始されるわけではありません。アカウント削除の開始は最短で2023年12月から。また削除はアカウント作成後まったく使用されていないアカウントから段階的に実施されます。

削除対象となったアカウントに対しては、削除前に、削除までの数か月にわたってアカウントのメールアドレスとリカバリーメール(設定している場合)の両方宛に、複数回通知が送られます。

  • 2 年以上放置されているGoogleアカウントは、全データが削除される場合がある
  • 新ポリシーの適用は現地時間5月16日から。削除開始は2023年12月から。
  • 削除対象となった場合でも削除まで数か月猶予があり、アカウントのメールアドレスとリカバリー用のメールアドレスに何度も通知が送られる

アカウントを有効に保つ方法

Googleアカウントを有効に保つ最も簡単な方法は、少なくとも2年に1回はアカウントにログインすることです。GoogleアカウントもしくはGoogleのサービスにログインした場合は、そのアカウントはアクティブとみなされ、削除されることはありません。

  • アカウントを有効に保つには、少なくとも2年に1回はログインすること
  • Google アカウント / Google サービスにログインするとアクティブと判定
関連キーワード

share