「Google+」一般向けサービスが終了へ、情報漏えいやそもそも「使われていない」という理由で

Google は10月8日、Facebook対抗として2011年にローンチしたSNS「Google+(グーグルプラス)」の一般向けサービスを終了すると公式ブログで発表しました。正式にサービスが終了するのは2019年8月。企業向けは影響を受けず続けていくとされています。

またAPIの不具合で、最大で50万件の非公開アカウント個人情報が流出した可能性があることもあわせて発表。この問題は直ちに修正され、現在までに悪用された形跡はないとのこと。

Google+の一般向けサービスが終了へ

Googleの発表によると、「Google+」の一般向けサービスを終了する理由は、そもそも「使われていない」から。どのくらい低い数字なのか具体的な現在の利用者数は明らかにされていないものの、ユーザーセッションの90%は5秒未満だということです。間違ってアクセスした、くらいの滞在時間。

Googleは国内でAKB48を起用してGoogle+のプロモーションを行うなどしていましたが、利用者増にはつなげられなかった模様です。

サービス終了は2019年8月。今後数ヶ月間をかけ、Googleはコンテンツデータのダウンロードなど移行ツールを提供していくとしています。

当ブログでもGoogle+のシェアボタンを設置したり、ニュースフィードを配信するなどした時期がありましたが、TwitterやFacebookほど共有数・流入数は伸びませんでした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。