任天堂が Wii U で発売した新規 IP『Splatoon (スプラトゥーン)』。ヒトに変身できるイカを主人公キャラクターとする、4人1組でチームを組んで4対4で地面にインクを塗り合い、時間内に塗った面積を競うアクションシューティングゲームです。

この話題の新作が、もしもニンテンドウ64(NINTENDO64)で開発されていたら?という if を表現したファンメイドのリメイク(デメイク)映像、その名も『Splatoon 64: Inklings vs Octolings』がなかなかイカしたクオリティだったのでご紹介。

スプラトゥーンをN64風にリメイク(デメイク)

『Splatoon 64』は、N64やPS1、ドリームキャスト世代のローポリデザインを愛する Mark Jenkins さんによる作品の1つ。

製品版のようなイカたちが繰り広げる4対4のチーム戦ではなく、イカ対タコの大ナワバリバトルをイメージして制作されたものだそう。イカ対タコの2v2の4人対戦が想定されています。タコにもボーイがいますね。

N64時代のようなローポリ、テクスチャで作られていて、再現度はかなり高め。愛あるデメイクです。

ボックスアートも海外N64風に再現されています。お見事。

ガールやボーイが部屋でくつろいでいる様子も表現。

シオカラーズの2人もデメイク。

Splatoon (スプラトゥーン)
Splatoon (スプラトゥーン)
メーカー: 任天堂
発売日: 2015-05-28

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で