もしも『スプラトゥーン』がN64で開発されていたら?を表現するデメイク映像がイカしたクオリティ

任天堂が Wii U で発売した新規 IP『Splatoon (スプラトゥーン)』。ヒトに変身できるイカを主人公キャラクターとする、4人1組でチームを組んで4対4で地面にインクを塗り合い、時間内に塗った面積を競うアクションシューティングゲームです。

この話題の新作が、もしもニンテンドウ64(NINTENDO64)で開発されていたら?という if を表現したファンメイドのリメイク(デメイク)映像、その名も『Splatoon 64: Inklings vs Octolings』がなかなかイカしたクオリティだったのでご紹介。

スプラトゥーンをN64風にリメイク(デメイク)

『Splatoon 64』は、N64やPS1、ドリームキャスト世代のローポリデザインを愛する Mark Jenkins さんによる作品の1つ。

製品版のようなイカたちが繰り広げる4対4のチーム戦ではなく、イカ対タコの大ナワバリバトルをイメージして制作されたものだそう。イカ対タコの2v2の4人対戦が想定されています。タコにもボーイがいますね。

N64時代のようなローポリ、テクスチャで作られていて、再現度はかなり高め。愛あるデメイクです。

ボックスアートも海外N64風に再現されています。お見事。

ガールやボーイが部屋でくつろいでいる様子も表現。

シオカラーズの2人もデメイク。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。