もしも『スプラトゥーン』がN64で開発されていたら?を表現するデメイク映像がイカしたクオリティ

任天堂が Wii U で発売した新規 IP『Splatoon (スプラトゥーン)』。ヒトに変身できるイカを主人公キャラクターとする、4人1組でチームを組んで4対4で地面にインクを塗り合い、時間内に塗った面積を競うアクションシューティングゲームです。

この話題の新作が、もしもニンテンドウ64(NINTENDO64)で開発されていたら?という if を表現したファンメイドのリメイク(デメイク)映像、その名も『Splatoon 64: Inklings vs Octolings』がなかなかイカしたクオリティだったのでご紹介。

スプラトゥーンをN64風にリメイク(デメイク)

『Splatoon 64』は、N64やPS1、ドリームキャスト世代のローポリデザインを愛する Mark Jenkins さんによる作品の1つ。

製品版のようなイカたちが繰り広げる4対4のチーム戦ではなく、イカ対タコの大ナワバリバトルをイメージして制作されたものだそう。イカ対タコの2v2の4人対戦が想定されています。タコにもボーイがいますね。

N64時代のようなローポリ、テクスチャで作られていて、再現度はかなり高め。愛あるデメイクです。

ボックスアートも海外N64風に再現されています。お見事。

ガールやボーイが部屋でくつろいでいる様子も表現。

シオカラーズの2人もデメイク。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください