任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)では、発生したエラーの履歴が保存されていて、最近どのようなエラーがいつ発生したのかを後から確認することができます。

本体の調子が悪いときにサポートへ連絡したり、修理へ出す際に使えるようになっています。

Nintendo Switch エラーの履歴を確認する方法

エラー履歴はソフトで発生したものも含め、Nintendo Switch 本体の設定画面から確認することができます。

本体を起動して「設定」>「サポート」>「エラー履歴」へと進みます。

エラーが発生したことがあれば、これまでのエラー履歴が最大10件表示されます。

詳細を見る

エラーは個別に詳細を確認することもできます。

たとえば、うちのスイッチでは『スプラトゥーン2』で発生した「2618-0513」というエラーがありました。

これを選択すると、「エラーコード」「エラーの内容」「ネットワーク」「ソフト」「システム情報/本体」といった、さらに細かな情報を見ることができます。

「エラーの内容を見る」を選択してみます。すると「2618-0513」は、相手のゲーム機と通信ができませんでした。「NAT越え」の処理に失敗しました。という内容だったことがわかります。

エラーコードや詳細情報を確認しておくことで、同じ内容のエラーが発生している人がいないかSNSなどで探しやすくなりますし、任天堂の公式サポートへ相談するときにもより有効な内容を得られやすくなります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible