【Nintendo Switch】これまでに発生したエラーの履歴を確認する方法

任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)では、発生したエラーの履歴が保存されていて、最近どのようなエラーがいつ発生したのかを後から確認することができます。

本体の調子が悪いときにサポートへ連絡したり、修理へ出す際に使えるようになっています。

Nintendo Switch エラーの履歴を確認する方法

エラー履歴はソフトで発生したものも含め、Nintendo Switch 本体の設定画面から確認することができます。

本体を起動して「設定」>「サポート」>「エラー履歴」へと進みます。

エラーが発生したことがあれば、これまでのエラー履歴が最大10件表示されます。

詳細を見る

エラーは個別に詳細を確認することもできます。

たとえば、うちのスイッチでは『スプラトゥーン2』で発生した「2618-0513」というエラーがありました。

これを選択すると、「エラーコード」「エラーの内容」「ネットワーク」「ソフト」「システム情報/本体」といった、さらに細かな情報を見ることができます。

「エラーの内容を見る」を選択してみます。すると「2618-0513」は、相手のゲーム機と通信ができませんでした。「NAT越え」の処理に失敗しました。という内容だったことがわかります。

エラーコードや詳細情報を確認しておくことで、同じ内容のエラーが発生している人がいないかSNSなどで探しやすくなりますし、任天堂の公式サポートへ相談するときにもより有効な内容を得られやすくなります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。