5月11日、任天堂はインディーゲームを紹介する「Indie World」を開始しました。その最初の番組 Indie World 2018.5.11 の中で、Playtonic Games の3Dアクションゲーム『Yooka-Laylee』が2018年夏に配信予定であることが発表されています。価格は4,300円(税込)。

『Yooka-Laylee (ユーカレイリー)』は、『スーパードンキーコング』や『ドンキーコング64』『バンジョーとカズーイの大冒険』など、レア所属時代に数々の傑作アクションゲームを制作したスタッフたちが設立したスタジオ Playtonic Games がおくる3Dアクションゲーム。

緑のトカゲ「Yooka」と、大きな鼻のおしゃべりコウモリ「Laylee」がバディアクションで様々な困難を乗り越え、金の亡者、Capital Bの野望を阻止するために大冒険。

本作は、2人の主人公が力を合わせて一緒に冒険する『バンジョーとカズーイの大冒険』の流れをくむ後継作品です。

オープンワールドの大きな箱庭世界で、謎解きやアイテム収集を行いながら、次のワールドへの道を切り拓いていきます。世界観やキャラクター、BGM、収集要素、多彩なミニゲーム、そしてトロッコなどいたるところにあの頃のレア作品の息吹を感じられる1本となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で