『amiibo』で地下鉄改札を通れるというジョーク、ユーザーが実際に検証。結果は当然「ノー」

先月末、好奇心旺盛なロシアの任天堂ファンがNFCフィギュア『amiibo(アミーボ) サムス』をモスクワ地下鉄の改札機にかざし、通過できたなどという怪しげな噂が出ていましたが、実際に通れるのかどうかを検証した映像が公開されています。

『amiibo』はNFCが搭載されているので、改札にかざせばNFCが認識され、ゲートのライトはいったん緑に点灯。しかしながらすぐに赤に戻ってしまいます。認識した部分だけがクローズアップされ通れると噂になっていますが、実際は異なります。

モスクワ在住のEurogamer読者、Vyacheslav Mostitskyさんの説明によれば、地下鉄の改札は常に開いているように見えるけれど、実際はそうではなく、対応の乗車カードをタッチすることで通過できるよう改札が一定時間開く仕組み。不正に通ろうとすれば、直ちにゲートが閉じられるということです。日本と同じですね。

『amiibo』をかざしてもNFCが搭載されていることを認識するだけで、通過出来た事実は無いというのが真相。当たり前ですが。

この噂を受けて、別のユーザーが今度はボストンの地下鉄でトライ。サムス以外にも様々なamiiboでチャレンジしますが、NFCとしてこそ認識されるものの、地下鉄のパスとして読み込まれることはなく、やはり改札を通ることはできなかったということです。

「Does Amiibo work with the Boston subway?」という動画名に対する説明文はシンプルに「No.」。

そもそも『amiibo』の場合、残高がチャージされていませんしね。

amiibo サムス(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)
amiibo サムス(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)
メーカー: 任天堂
ジャンル: 周辺機器・アクセサリ
発売日: 2014-12-06

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。