【比較】Wii実機とWii UのWii互換の違いは?『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』を使ったグラフィック比較映像

Wii UはWii U用ソフトで遊べるだけでなく、前世代機のWiiと互換性があり、Wii用ソフトをWii Uで遊ぶことができます。「Wii メニュー」という機能があり、そのアプリを起動すると、Wii U 上で Wii 専用ソフトや Wii ウェア、Wii バーチャルコンソールソフトを遊ぶことができます(ただし、前々世代のゲームキューブソフトの再生には対応していません)。

Wii U を、あたかも Wii のように動作させる機能ですが、その再現性はいかほど?ということでグラフィック比較映像をご紹介。

Wii メニュー(Wii U) vs. Wii

Wii U は HD 画質に対応したハードで、対応ソフトとHDテレビがあれば、従来よりもクッキリ綺麗な映像でゲームを楽しめます。なので「Wii メニュー」を利用するときにも高画質化を期待してしまいますが、任天堂公式サイトを見ると「WiiのゲームはHD画質で表示されません」。

比較映像でもその説明通り、若干の発色の違いはあれど、良くも悪くも Wii を忠実に再現する機能のように見えます。アップスケーリング処理も特にされていなさそう。

Wii U GamePad 表示にも対応

Wii U GamePad の解像度が、ちょうど Wii の最高出力解像度と同じ480p なので、Off-TV Playに対応してくれていたら良かったのになあと思っていたら、Wii U 本体バージョン「4.0.0」にて GamePad 表示に対応。

「4.0.0」以降はテレビ画面の代わりとして、Wii U GamePad 画面を使うことができます。画面表示のみで、操作にはWiiリモコンが必要になります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。