『ドンキーコング64』のようなDKシリーズ新作もある?任天堂・田邊氏「マリオのように2Dと3Dを」

シリーズ最新作の『ドンキーコング トロピカルフリーズ』がまもなく発売される『ドンキーコング』シリーズですが、プロデューサーを務める任天堂の田邊氏がDKシリーズの今後に言及。『ドンキーコング64』以降発売のない3D路線復活の可能性を示唆しました。

「おそらく、時間が経てば『ドンキーコング』シリーズも“2D”と“3D”を特色とするのではないでしょうか。両方展開されている『スーパーマリオ』シリーズみたいにね。『ドンキーコング』次回作のスタイルはゲームデザイン次第でしょうね」

N64からゲームキューブ時代までは、2Dよりも3Dに強いこだわりをもっていた任天堂。ですが、ニンテンドーDSで発売した『New スーパーマリオブラザーズ』が空前のヒットを記録して以降は、時間が巻き戻ったかのように2Dアクションが増えています。

ダイナミックな動きで縦横無尽に駆け回る『ドンキーコング』や彼のファミリーは、3Dアクションにうってつけではないかと思いますが、任天堂やレトロスタジオは新作が渇望されているフランチャイズが少なくありません。それに、この話が田邊氏のいつもの野望的なネタではなく実際に動き出すとしても、遊べるのはかなり先になりそうです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。