任天堂、「QOL」を世界的に商標出願

任天堂が2015年(2016年3月期)に開始予定としている「QOL(Quality of Life)向上プラットフォーム」。第1ステップとして「健康」をテーマとしていることや、ノン・ウェアラブルがヒントとして挙げられている他は、まだ謎の多い新規事業ですが、任天堂はQuality of Lifeの略称である「QOL」を、おそらくグローバルなプラットフォーム名の呼称として、世界的に商標登録を進めていることが明らかになりました。

任天堂がQOL向上プラットフォームを発表したのは、経営方針説明会が行われた2014年1月30日。その前日の29日に、任天堂がビジネスを展開する日米欧で「QOL」が出願されています。

出願された商標の商品区分や役務を見ると、一般的に用途は広範囲に設定されるものではありますが、「QOL」は家庭用テレビゲーム機器類から生活雑貨、文具、ポイントカード、SNSを通じた交流、理美容、ガーデニング、マッサージ、動物の飼育、健康・医療関連と多岐に渡っています。

まずは「健康」関連へのアプローチから、2014年中には事業詳細が発表予定となっていますが、その後どんなテーマの商品が出てくるのかにも注目したいところです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。