米任天堂、『エターナルダークネス』の商標を更新

任天堂がアメリカで、ゲームキューブ用ソフトとして発売された『エターナルダークネス 招かれた13人』の商標を更新していたことが明らかになりました。

『エターナルダークネス』の商標はこれまでに4度更新されており、今回が5度目ということです。『エタダク』はシリーズ化や移植・リメイク等はされておらず、発売されたタイトルはGC版のオリジナル1作のみ。シリコンナイツが『2』の制作に着手しているという噂も昨年ありましたが、立ち消えとなっています。

にもかかわらず任天堂が5度目の商標更新を行なったことから、海外ファンの間ではバーチャルコンソールとしてや、あるいは新作、移植、リメイク等なんらかの新展開があるのではと、サイコアドベンチャーの復活に期待が寄せられているようです。

ゲームキューブタイトルでは『ウェーブレース』の商標も昨年任天堂アメリカによって更新されており、今回の件やWii U VCのゲームキューブ対応の噂と合わせて関連が気になる所です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。