【UK】Nintendo Switchのパッケージ版ソフト累計売上は『マインクラフト』が3位、『マリオ』『ゼルダ』ポケモン』らを上回る

Minecraft マインクラフト

任天堂ハードでは伝統的にポケモンを含む任天堂ソフトが強く、記録的な売れ行きとなっている Nintendo Switch でもその傾向は続いていますが、英国においては、そこに割って入るサードパーティタイトルが登場しています。

GamesIndustry.biz の Christopher Dring 氏によると、英国内における Nintendo Switch ソフト売上(パッケージ版)は、世界的人気のサンドボックスゲーム『マインクラフト』の Switch 版が第3位。『マリオカート8 デラックス』と『あつまれ どうぶつの森』に次ぐ規模を誇ります。

『マインクラフト』は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』や『スーパーマリオ オデッセイ』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『スプラトゥーン2』といった任天堂の人気シリーズ新作を上回る人気。『ポケットモンスター ソード・シールド』のような2バージョンあるソフトの合算すら上回っているということです。

あくまでパッケージ版の売上に限った話ではありますが、Wii U / 3DS 世代から任天堂プラットフォームに対応する『マインクラフト』は、Nintendo Switch でも非常に大きな存在感を示しています。それに『マインクラフト』はダウンロード版もランキング上位をキープする人気なので、もしダウンロード版を含めたとしても支持は揺るがないでしょう。

ちなみに日本でもスイッチ版『マインクラフト』は 263 万本を超える販売数を記録(2022年5月8日週時点、ファミ通調べ)。スイッチの人気ソフトの一つとなっています。

派生作品の『マインクラフトダンジョンズ』も人気。

share