【MOTHER3】Nintendo Switchで遊べるようになる?海外版未発売のシリーズ最終作の世界発売をプロデューサーも待ち望む

Nintendo Switch の有料オンラインサービス Nintendo Switch Online(NSO、ニンテンドースイッチオンライン)に加入すると無料でダウンロードできる特典ソフト「ファミコン&スーパーファミコン Nintendo Switch Online」に、2022年2月10日、RPG『MOTHER』と『MOTHER2 ギーグの逆襲』が追加されました。

NSO 加入者は追加料金を払うことなく、『MOTHER』は「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」で、『MOTHER2 ギーグの逆襲』は「スーパーファミコン Nintendo Switch Online」で遊ぶことができます。

『MOTHER』シリーズといえばもう1作品、最終作となっている『MOTHER3』が存在していますが、同タイトルは未だに日本国外で発売されていません。海外ファンはオリジナル版発売から 15 年以上もの間、我慢強く待ち続けています。

当時プロデューサーを努めた亀岡慎一氏もまた、ファンと同じ用に海外ローカライズを待ち続けている1人です。

海外メディア Nintendo Everything とのインタビューで亀岡氏は、「『MOTHER3』もアメリカやヨーロッパで是非リリースされてほしいですね。ゲームを愛する1人として、世界発売を待ち続けますよ」とコメントしています。

MOTHER シリーズの海外展開

『MOTHER』シリーズは日本を中心に発売されてきた RPG。オリジナルハードで海外ローカライズが行われたのは 1995 年、『MOTHER2 ギーグの逆襲』のみ。北米では海外版スーパーファミコン、SNES 向けソフトとして『Earthbound』というタイトルで発売されました。このときヨーロッパでは発売されず。2013 年の Wii U バーチャルコンソールでようやく正式に世界発売が実現しました。

第1作目『MOTHER』はヨーロッパはもちろん、北米でも長く発売されませんでした。扉を開いたのは再び Wii U のバーチャルコンソール。2015 年6月に『EarthBound Beginnings』としてようやく海外展開が実現しています。

そして両タイトルは今回、国内外で Nintendo Switch Online 特典ソフトのラインナップに追加。スイッチ上で手軽に遊べるようになりました。

さて『MOTHER3』です。『MOTHER3』に関しても、2015 年に Wii U バーチャルコンソールで発売。ただ前 2 作と異なり海外ローカライズは行われず、オリジナルのゲームボーイアドバンス版と同じく日本国内限定ソフトとなっています。

そして 2022 年現在、公式の海外発売は実現していません。また任天堂は海外ローカライズの計画を明らかにしていません。

将来的に『MOTHER3』が発売されたゲームボーイアドバンスが Nintendo Switch Online 特典ソフトに加わることとなれば、今度こそローカライズされることになるでしょうか。それとも別の形で『MOTHER3』に再訪する機会が訪れるでしょうか。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。