20歳の『MOTHER2 ギーグの逆襲』へ、糸井重里氏からメッセージ

1994年8月27日、スーパーファミコンで発売された『MOTHER2 ギーグの逆襲』。2014年8月27日で発売20周年を迎えました。記念日ということで、ゲームデザインを担当した糸井重里氏から『マザー』らしいメッセージと、どせいさんのイラストが届けられました。

糸井氏は運営する「ほぼ日刊イトイ新聞」上で、

MOTHER2の発売から
もう20年も経ったんだ。
……うれしい?

はい。おれもだ。
いいえ。うれしがれよ。

と、RPG風にメッセージ。そして「ですのだ」と語るどせいさんのイラストも。どせいさんのイラストは2バージョン、4パターンが用意され、ツイッターアイコンなどに自由に使ってほしいとのこと。「色をつけたりしてもたのしいですよー。ご自由に!」ということで、加工もOK。

19周年のタイミングでVC化が実現した『MOTHER2』は、様々なかたちで商品化も。最近では「ほぼ日手帳2015」のカバーなって販売されることも発表されています。

ちなみに、初代『MOTHER』は今年7月27日で25周年を迎え、『MOTHER3』も4月20日でで発売8周年でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。