【比較】『クラッシュ・バンディクー4』Nintendo Switch版の特徴や他機種との違い

PlayStation 4 / Xbox One 用ソフトとして発売中のアクションゲーム『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』(海外名 : Crash Bandicoot 4: It’s About Time)が2021年3月12日、PlayStation 5 / Xbox Series X|S / Nintendo Switch にも対応。アクティビジョン・ブリザードから発売されました。PS4/Xbox One版所有者は次世代機版へアップグレード可能です。

『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』は、『クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周』のその後の物語が描かれる、およそ10年ぶりとなるシリーズ完全新作。開発は『スカイランダーズ スパイロの大冒険』などを手掛けるToys for Bobs。

初期3部作をリマスターした『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』で見事なリブートを遂げたクラッシュやその仲間たちが、「マルチバース」(多元宇宙)を支配しようとする「ネオ・コルテックス」や「エヌ・トロピー」の邪悪な野望を阻止すべく、新しいアクションを使いこなし、大冒険を繰り広げます。

遊びやすさの向上やビジュアルのアップグレードはもちろん、新旧どちらのファンでも楽しめるよう、「モダン」「レトロ」モードの選択など、楽しい要素が盛りだくさん。

PS5/Xbox Series Xではネイティブ4K/60fpsで

PlayStation 5 / Xbox Series X で遊ぶ場合は、ネイティブ4K解像度と60fpsをサポート。Xbox Series S で遊ぶ際はアップスケールによる4K画質に対応します。またサウンドも強化されており、3Dオーディオに対応しています。PS5のDualSense ワイヤレスコントローラーのアダプティブトリガーにも対応。

Nintendo Switch 版の特徴、画質・フレームレート

 SwitchPS4PS5
解像度TVモード : 720p〜792p
携帯モード : 540p
1080p4K
フレームレート30fps30fps60fps

Digital Foundry の解析によるとNintendo Switch版はTVモードで720〜792p解像度、携帯モードでは540pで動作。フレームレートは固定30fpsで安定しています。

PS5版は発表通り洗練された4K/60fps。

PS4版が1080pながら30〜40fps台の幅があるパフォーマンスだったことを考えると、ライティングの部分など省略されている効果があるとはいえ、スイッチ版はうまくやっているように見えます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。