【APEX】Switch版『エーペックスレジェンズ』は3月開幕、Panic Buttonが移植協力

米エレクトロニック・アーツは2021年2月3日、基本プレイ無料で配信中の『Apex Legends』(エーペックス レジェンズ)について、Nintendo Switch 版を2021年3月9日(日本のニンテンドーeショップでは3月10日)にリリースすると発表しました。

任天堂のソフトカタログで明らかになっていたパッケージ版ソフト『チャンピオンエディション』は2021年3月18日に発売予定。

一瞬だけ公開された情報から、2月3日頃に配信では?と見られていたSwitch版『Apex Legends』ですが、正式な配信開始日が EA から発表。まだ少し待つことになりますが、SwitchでもApexを遊べるようになります。

Apex が Switch でも開幕

Nintendo Switch への移植を担当したのは、『DOOM』『Rocket League』『Wolfenstein II: The New Colossus』『Warframe』『Hob: The Definitive Edition』『Torchlight II』などこれまでに多数ソフトで実績のある、移植ものでおなじみアメリカのデベロッパー Panic Button。

EA と Respawn は Panic Button のパートナーシップにより、Nintendo Switch という新たなプラットフォームでもこれまで通りのゲーム体験を実現できたとしています。なお Nintendo Switch 版でもクロスプレイや各シーズンコンテンツのアップデートなど、現在サービス提供されている他のプラットフォームと同様の機能がサポートされます。

また Nintendo Switch 版の発売を記念した特典として、すべての Switch プレイヤーにシーズン 8 のバトルパス 30 レベルが付与されます。また、発売後 2 週間にわたり、Switch でプレイするとダブル XP が獲得できます。

ディレクターを務める Chad Grenier 氏は次のようにコメントしています。

皆様こんにちは。「エーペックスレジェンズ」でゲームディレクターを務めているChad Grenierです。

今日は素晴らしいニュースをお伝えできて、私もうれしく思っています。2021年3月9日、「エーペックスレジェンズ」がNintendo Switchにやってきます。

「エーペックスレジェンズ」を小さな画面に対応させるのは非常に難しく、Panic Buttonの友人たちの協力がなければ、成し遂げることはできなかったでしょう。いつでもどこでも他の機種と変わらず「エーペックスレジェンズ」をお楽しみいただけるように、Switchへの移植にあたってはいくつかの最適化も実施しました。開発チームは本当に素晴らしい仕事をしてくれました。

Switchにおいても、本作のクロスプレイや最新シーズンのコンテンツ、そして他の機種と同じ機能をすべてお楽しみいただけます。

シーズン8開始より数週間後に対応しますので、Switchプレイヤーの方にはシーズン8バトルパスをレベル30まで引き上げる措置を取りたいと思います。加えて、Switch対応直後の最初の2週間は、SwitchでプレイするとXPが2倍になる調整も実施します。

Switchユーザーをアリーナにお迎えするのが待ちきれません。「エーペックスレジェンズ」のその他の最新情報にもぜひご注目ください。

また近いうちにお会いしましょう。

via: ea.com

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。