『Need for Speed: Hot Pursuit Remastered』 が韓国レーティング審査を通過

Need for Speed: Hot Pursuit Remastered

エレクトロニック・アーツが Nintendo Switch 向けに投入を計画しているタイトルのひとつではないかと見られている『Need for Speed: Hot Pursuit Remastered』が、韓国のレーティング審査を通過。

どうやら正式発表及び発売が近づいているようです。

Criterion Games が手掛けた人気レースゲームは、VentureBeat の Jeff Grubb 氏が関係筋から得られた情報として Switch 版を存在しているものとして報じていたほか、複数の海外 EC サイトに情報が掲載。またAmazon UK では「2020年11月13日発売」だとして商品ページが一時登場しました。非公式に情報が次々と出てきていますが、それでも EA は沈黙を続けています。

EA は 6 月、今後 12 か月以内に Nintendo Switch 向けに新作を 7 タイトル用意すると Switch 対応強化を明言。この時点で発表済だった『Burnout Paradise』『FIFA 21』『Apex Legends』『Lost In Random』に加え、さらに 3 タイトルの投入を予告していました。

Jeff Grubb 氏の情報によると残っている未発表タイトルは Velan Studios の開発タイトルと『Need For Speed: Hot Pursuit』『Plants vs. Zombies Battle for Neighborville』ということでした。

Velan Studios は任天堂と共同で『マリオカートライブ ホームサーキット』を開発したスタジオでもあります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。