【比較】『スーパーマリオ 3Dコレクション』収録タイトルとオリジナル版との画質の違い


 

「スーパーマリオ35周年」記念商品のひとつとして任天堂から『スーパーマリオ 3D コレクション』が発表されました。発売は 2020 年 9 月 18 日。『スーパーマリオ64』『スーパーマリオサンシャイン』『スーパーマリオギャラクシー』という3Dマリオ3作品をひとつのソフトに収録した商品です。

リメイクというよりも移植に近い内容ですが、グラフィックの HD 画質対応や Nintendo Switch 向けの調整などが施され各タイトル少しずつリニューアル。3タイトルのサウンドトラックもゲーム内に収録されています。

オリジナル版からどのくらいキレイになったのか。あるいは変化しているのか。グラフィック比較映像が公開されています。

任天堂は『スーパーマリオ 3D コレクション』で行った変更点について、いくつかの情報を公開しています。

1つは「グラフィックのHD画質対応」。ムービーを見る限りでも、いずれのタイトルもくっきり鮮明になっていることが分かります。

時代を感じるポリゴンの『スーパーマリオ64』もくっきりはっきり。お化け屋敷のテレサ、カメラ役のジュゲムやマリオの残機といった情報画面のアイコンまで高解像度になっていることが分かります。『スーパーマリオサンシャイン』は南国の雰囲気が際立ち、『スーパーマリオギャラクシー』も宇宙空間でのバラエティ豊かなステージがより美しく感じられます。

もう1つはNintendo Switchで遊びやすいよう「タイトルごとに少しずつリニューアル」が行われている点。この変更はグラフィック面に限りませんが、たとえば『スーパーマリオサンシャイン』では画面比率が2002年当時の「4:3」から「16:9」へと広がり、以前は一画面に入り切らなかった部分も表示されるようになりました。


この記事をシェアする

Next

Previous