【あつ森】内容追加のアップデートはいつまで続けられる?任天堂「2〜3年後も新しい驚きを」

任天堂が3月20日に発売した Nintendo Switch ソフト『あつまれ どうぶつの森』。これまでの『どうぶつの森』シリーズで見られたように、スイッチ向け最新作でも四季の移り変わりを感じたり、その時々の季節に合わせたイベントを、ぶつ森ならではの楽しみ方で体験することができます。

イベントの中には特別なイベントもあり、ソフトをアップデートすることで参加することができるようになるなど、これまで以上に長く遊べそうな作りとなっています。

前作のニンテンドー3DS『とびだせ どうぶつの森』では、通信機能を活かし、企業コラボが行われ特別なアイテムが配信されたり、『amiibo』対応の大型アップデートが行われるなどして、ゲームをより長く遊ぶことができました。星座シリーズも配信されました。Nintendo Switch 版はどこまで更新が続けられるのでしょうか。

CNETのインタビューに応じた任天堂・京極あやディレクター&野上恒プロデューサーは、『あつまれ どうぶつの森』のアップデート・コンテンツ拡張について、今後数年にわたって提供していきたい考えを明らかにしました。

インタビューのなかで『あつ森』のアップデート計画について聞かれた京極氏は、「2〜3年経ったあとでも、プレイヤーがゲーム内で新しい驚きを発見しつづけられるようにしたい」と開発チームは考えているコメント。そうなるようアップデートを作り続けていきたいとしています。

京極氏によれば、製品版のゲームには盛り込みたい内容が一通り収録されています。ただしユーザーが今後何年にもわたって遊ぶときに新しい驚きや新しい獲得要素を見つけられるようにしたいため、アップデートを行っていきたいと考えたとのこと。

製品版をリリースしたあとになって、この機能を盛り込めたら良かったのにと考えることは何度もあると野上氏。

たとえば Wii 版の『街へいこうよ どうぶつの森』のときは「2人同時プレイができたらとても楽しかっただろうなあ」と感じたのだそう。Wii版では結局、同じ村に住む他のプレイヤーと同時に遊ぶことはできなかったわけですが、『あつまれ どうぶつの森』ではスイッチに2つのコントローラー(Joy-Con)が標準搭載されていることもあり、同じ島民同士でのオフラインマルチプレイが実装されました。インターネット通信が導入されたDS版『おいでよ どうぶつの森』についても、同じようなことが言えると野上氏。

ハードウェアの進歩によって実現したアイデアがいくつもあると。あるいは社会の進歩もあります。常に変化・進化しています。そんなわけで、今後のアップデートで実装できたらと考える新たなアイデアもいくつかあるそうです。

『あつまれ どうぶつの森』でプレイヤーは無人島へ移住し、自分だけの島づくりやそこでの生活を1から楽しむことができます。村が舞台ではなくなった分、これまでのシリーズでおなじみだった要素のいくつかは今のところ利用できません(郵便局、交番、カフェ、コトブキ、かっぺい、リセットさんなど)。

今後、数年という長期的なサポートが続けられていくなかで、どこかのタイミングで新規アイデアだけでなく旧作要素も見られるようになるでしょうか。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible