残念ながら2020年3月へと延期されてしまったものの、無人島を舞台に、派生作品の要素も取り込み、これまでにないぶつ森ライフを楽しめそうなNintendo Switch用シリーズ最新作『あつまれ どうぶつの森』。

ニンテンドーダイレクト@E3 2019での発表以降、情報がどんどん公開されていますが、Nintendo Switch Onlineやamiibo対応、とたけけのことについてなど、ディレクターの京極あや氏とプロデューサーの野上恒氏が、海外メディアに対して現時点で明かせる範囲でコメントしいます。

amiibo 対応

『amiibo どうぶつの森シリーズ』は、フィギュアタイプとカードタイプとが、最も種類が多いamiiboシリーズです。『ハッピーホームデザイナー』や『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』、本編でも『とびだせ どうぶつの森 amiibo+』が対応。

最新作の『あつまれ どうぶつの森』にも対応予定。

しかし「どうぶつの森シリーズ」の『amiibo』は、現在入手困難なキャラクター、商品もあります。

だ同じく品薄となっていた大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」の『amiibo』は、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』発売のタイミングで再生産され、現在も多くのキャラクターを見かけることができます。

『あつ森』についても2020年3月以降、各キャラクターの再生産が行われるのではないでしょうか。あるいは、新登場のキャラクターや服装が変わるメインキャラクターもいるでしょうから、『あつ森』のデザインで新作が制作されることもあるかもしれません。

とたけけ

毎週土曜の夜に弾き語りライブを行っているミュージシャン「とたけけ」。『とび森』ではクラブDJ「DJ K.K」としても活躍を見せてくれましたが、『あつ森』でも彼のライブは健在。土曜の夜に会うことができるようです。またラジオから音楽を聴くこともできます。『あつ森』では様々なかたちでとたけけの音楽を耳にすることができるようです。

なおSpotifyなど、ストリーミング配信サービスへの展開は未定だとか。

Nintendo Switch Online

Nintendo Switch Online サービスの1つ「セーブデータお預かり」(クラウドセーブ)。

多くのソフトが対応している一方で、お預かり対象外となる例外的なソフトも一部存在しています。『あつ森』も、時間操作(巻き戻しによるやり直し)を避けるためにクラウドセーブには対応していいないということです。

マイデザイン

カスタマイズ要素の1つとして、『とび森』にもあった「マイデザイン」が『あつ森』にも収録されています。

タッチ操作

Nintendo Switchは携帯モード時、タッチ操作を利用することができます。『あつ森』でも「TVモード」時は従来の操作方法で、「携帯モード」時はタッチ操作を行える場面もあるようです。

アプリ

『あつ森』ではゲーム内に、たぬきちから支給されるスマートフォンが登場。このスマホがゲーム内で大いに活躍します。『どうぶつの森 ポケットキャンプ』にもあった要素ですが、実際に何らかのモバイルアプリがリリースされる可能性は?

コンパニオンアプリを必要とせずに、誰もが『あつ森』を楽しめるようにしたいと考えているため、特別なモバイルアプリの提供は今のところ予定されていません。ただし、Nintendo Switch Online アプリを介したボイスチャットや、将来的にはまた何らかの形でサービスを活用していきたいとのこと。イカリングやスマプラスのような連動サービス提供があるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン